タンクレベル監視システムの市場規模、2025年に12億5380万米ドル到達予測

タンクレベル監視システムの市場規模は、2020年の8億9880万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2025年には12億5380万米ドルに達すると予測されています。その後、CAGR5.7%で成長し、2030年には16億5200万米ドルに達すると予測されます。

この成長は、レベル監視による生産計画の改善、採掘活動の増加、技術の進歩に起因しています。一方、市場の成長のマイナス要因としては、無線通信を使用する際のセキュリティ問題、COVID-19の流行などが挙げられます。

今後は、プロセス産業からの需要拡大、新興市場の成長、水素経済、M&Aの増加などが成長の原動力になると思われます。また、今後の成長を阻害する要因としては、1回限りの使用、自由貿易の縮小などが挙げられます。

製品別に、市場は、侵襲型と非侵襲型に分類されます。侵襲型は2020年に全体の58.8%を占め最大となりました。非侵襲型は、2020~2025年のCAGR7.2%で、最も成長するセグメントになる見込みです。

技術別に、市場は、フロートテープゲージ、導電率、超音波、静電容量、レーダーベース、その他に分類されます。フロートテープゲージ市場は2020年に全体の26.9%を占め、最大となりました。レーダーベース市場は、2020~2025年のCAGR8.5%で、最も成長するセグメントとなる見込みです。

用途別に、市場は、フロートオイル、発電所、鉱業、自動車、その他に分類されます。石油市場は2020年に全体の32.9%を占め、最大となりました。自動車市場は、2020~2025年のCAGR7.0%で、最も成長するセグメントになる見込みです。

地域別に、北米市場は2020年に全体の30.9%を占め最大となり、アジア太平洋地域、西ヨーロッパ地域がこれに続きます。今後、最も成長する地域は東欧と中東で、それぞれCAGR8.1%と7.5%で成長する見込みです。次いで、アジア太平洋地域と北米地域が、それぞれCAGR7.1%と6.9%で続くと思われます。

コロナウイルスの大流行とその対策により、世界の経済活動は大きな打撃を受けています。このパンデミックの中、タンクレベル監視システム市場全体では、需要の減少、石油・ガス価格の下落、大手企業によるセンサーやその他の監視デバイスなどの付属品への投資の減少により成長が縮小しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]