オーガニック家禽市場、2025年に186億7230万米ドル到達予測

オーガニック家禽市場は、2020年の125億5560万米ドルからCAGR8.3%で成長し、2025年には186億7230万米ドルに達すると予測されています。その後、CAGR6.2%で成長を続け、2030年には252億3500万米ドルに達すると予測されます。

この成長は、低金利、可処分所得の増加、品質と持続可能性への要求の高まり、新興市場の発展からもたらされました。一方、高価な生産と有機食品のコスト上昇、厳しい政治的制約および労働力不足が、マイナスの要因になりました。

今後は、継続的な技術開発、厳しい政治的制約、健康上のメリットに関する認知度の向上が成長の原動力になると思われます。また、成長を制限する要因としては、気候変動や地球温暖化、COVID-19の動向、菜食主義者の増加などが挙げられます。

製品タイプ別に、市場は、卵と肉に分類されます。卵製品セグメントは、2020年には全体の54.8%を占め68億7760万米ドルを記録しました。肉製品セグメントは、CAGR9.1%の最速で推移すると予想されます。

加工タイプ別に、市場は、生鮮、冷凍、加工に分類されます。生鮮市場は、2020年に全体の71.6%の89億9000万米ドルを占め最大となりました。加工市場はCAGR9.1%の最速の成長率で推移すると予想されます。

流通チャネル別に、市場は、スーパーマーケット、専門店、オンライン販売、その他に分類されます。スーパーマーケット市場は、最大のセグメントであり、2020年には76億8140万米ドルで、全体の61.2%を占めました。オンライン販売部門は、最も成長率が高く、CAGR9.5%で推移すると予想されます。

エンドユーザー別に、市場は、家庭用と食品サービス用に分類されています。家庭用セグメントは2020年に全体の87.7%の110億1620万米ドルを占めました。食品サービスセグメントは、CAGR8.4%の成長率で推移すると思われます。

地域別に、西ヨーロッパが最大地域であり、2020年には全体の44.5%を占め、北米、アジア太平洋地域がこれに続きました。成長著しい地域としては、南米と中東が、それぞれCAGR11.95%と11.91%で成長すると考えられ、アフリカとアジア太平洋地域は、それぞれCAGR10.85%と10.15%でこれに続きます。

COVID-19の大流行による、渡航制限、厳しい監禁措置、サプライチェーンの混乱、貿易制限により、多くの産業が事業の低迷に見舞われています。オーガニック家禽産業も手作業が多いため、多くの農家や労働者がウイルス感染の危険にさらされました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]