デジタル決済市場、2025年に1250億1440万米ドル到達予測

デジタル決済市場は、2020年の835億3110万米ドルからCAGR8.4%で成長し、2025年には1250億1440万米ドルに達すると予測されています。その後、2025年からCAGR8.1%で成長し、2030年には1849億2340万米ドルに達すると予測されます。

この歴史的成長は、新興市場の力強い経済成長、インターネット普及率の向上、発展途上国での政府の取り組み、電子商取引の普及率の上昇、モバイル機器の普及率の上昇に起因しています。

今後は、スマートシティの増加、デジタル決済に対する政府の取り組み、モノのインターネット(IoT)、5gネットワークの採用拡大、インターネット普及率の上昇、COVID-19対策などが、同市場を牽引すると思われます。一方、市場の抑制要因としては、データのローカライズ、セキュリティ問題、国境を越えた決済などが挙げられます。

決済手段別に、市場は、POS(ポイント・オブ・セール)とオンプレミスに分類されます。2020年にはPOSセグメントが64.4%で最大を占め、2020年~2025年の間もCAGR9.7%の最速で成長すると見込まれています。

エンドユーザー別に、市場は、小売、銀行・金融サービス、通信、政府、交通に分類されています。2020年は小売セグメントが最大で、全体の46.1%を占め、今後も、2020~2025年の間CAGR8.9%の最速で成長すると予測されます。

導入形態別に、市場は、クラウドとオンプレミスに分類されます。オンプレミス市場は最大セグメントであり、2020年には全体の73.6%を占めました。今後、クラウドセグメントは、2020~2025年のCAGR15.6%で最速で成長する見込みです。

顧客企業規模別に、市場は、大企業と中小企業に分類されます。大企業市場は最大のセグメントであり、2020年には全体の76.8%を占めました。中小企業分野は2020~2025年の間CAGR8.6%で成長することが予測されます。

地域別に、2020年は北米市場が全体の38.8%を占め、アジア太平洋がこれに続きました。今後、最も成長する地域は南米とアフリカで、2025~2030年の成長率はそれぞれCAGR15.6%と12.6%と予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]