オルタナティブデータ市場、2025年に102億1,380万米ドル到達予測

オルタナティブデータ市場は、2020年の14億4,080万米ドルからCAGR48.0%で成長し、2025年には102億1,380万米ドルに達すると予測されています。その後、2030年には479億7,300万米ドルを記録すると考えられています。この成長は、Eコマースの普及率の上昇、新興国の堅調な経済成長、インターネットの普及率向上、モバイル機器の普及率向上が要因となっています。

今後、市場は、スマートシティの増加、インターネット普及率の上昇、5Gネットワークの採用拡大、政府の積極的な取り組み、株式取引への関心の高まりなどに牽引されると考えられます。一方、今後の成長を制限する要因としては、データのローカライズ、オープンソースソフトウェア、セキュリティの課題などが挙げられます。

データ種類別に、市場は、クレジットカードやデビットカードの取引、電子メールの受信、ジオロケーション(足跡)記録、モバイルアプリケーション利用、衛星データや気象データ、社会・感情データ、ウェブスクレイピングデータ、ウェブトラフィック、その他のデータタイプに分類されます。中でも、クレジットカードおよびデビットカード取引市場が最も大きく、2020年には全体の23.8%を占めました。今後は、モバイルアプリケーション利用市場が、2020年~2025年の間CAGR 54.9%で最速で成長すると予測されます。

産業別に、市場は、自動車、BFSI、エネルギー、産業、IT・通信、メディア・エンターテインメント、不動産・建設、小売、交通・物流、その他産業に分類されます。そのうち、BSFI市場は2020年に全体の26.7%を占め、最大セグメントとなりました。今後、メディア・エンターテインメントセグメントは、2020年~2025年にCAGR51.7%で拡大すると予測されます。

地域別に、北米市場が、2020年に全体の41.0%を占め、アジア太平洋地域、その他地域がこれに続きます。今後、最も成長する地域は中東と西欧で、それぞれCAGR52.7%と49.5%で推移すると思われます。さらに、北米とアジア太平洋地域が、CAGR47.8%と47.5%で成長すると予想されています。

コロナウイルスの大流行により、投資家や企業が市況の変動を見極めようとオルタナティブデータの利用にシフトしたため、受けた影響は他の市場よりも小さい可能性があります。ウェブベースのデータ、衛星画像、ジオロケーションデータ、クレジットカードデータなどの利用は、パンデミックの広がりとともに人気を博しています。オルタナティブ投資運用協会とSS&Cテクノロジーズの調査によると、2020年にはヘッジファンド業界の53%がオルタナティブデータを利用していると言われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]