一般産業および工具の付加製造の市場規模、2029年に54.9億米ドルに到達予測


当レポートでは、一般的な産業および工具業界に対応する主要機器メーカー、産業部品サプライヤー、およびAMサービスプロバイダーによるAMテクノロジーの採用の拡大について報告しています。当調査では、一般産業および工具の付加製造市場に関連する総収益生成が、AMハードウェアの販売による年間16億米ドルの収益機会を含め、2029年に54.8億米ドルに達すると予測しています。業界の過去、現在、未来の特徴と、それに起因する収益創出の機会に関するデータ駆動型分析を取り上げています。

当調査は、10年間の予測期間にわたって採用が増加する既存および新興の金属とポリマーAMプロセスの両方を含む、一般的な業界と工具セクターの全体的なAM機会の評価を提供しています。これには、プロトタイピング、ツーリング、およびエンドパーツに使用される主要なポリマーおよび金属AMプロセスと、大規模な連続バット光重合や金属バインダージェッティング技術などの新しいハイスループットテクノロジーが含まれます。

SmarTech Analysisはまた、一般産業および工具業界における主要なAM採用企業を紹介し、これらのメーカーの採用動向に注目しています。その中には、3Dプリントが施されたスペアパーツを最終部品生産へのゲートウェイとして使用することも含まれます。これらの傾向を分析すると、一般的な業界およびツール市場におけるAMの広範な採用がAMの1つの個別セグメント(ハードウェア、材料、またはサービス)によって推進されるとは予測していませんが、これらのセグメント内の特定のテクノロジー、材料、およびサービスプロバイダーが成長を牽引すると予想しています。

当レポートで言及のある企業は、Carbon、EOS、HP、Xaar、Caterpillar、Volvo Construction Equipment、GE Additive、Siemens、Sandvik、Desktop Metal、Markforged、Parmatech, Kennametal、Phoenix Contact、Mapal, Guhring UK、GKN Additive、Kueppers Solutions、CNH Industrial、Cummins Inc.、Wabtec、Emerson Electric、Xylem、Additive Industries、SMS Groupです。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]