ポリマー積層造形市場:2030年に550億米ドル規模到達見込み、3Dプリントが成長を後押し

積層造形(AM)の業界分析と市場予測データのリーディングプロバイダーであるSmarTech Analysisは、ポリマー積層造形セグメントに関して4冊目となる年次市場調査レポートを発表しました。当レポートでは、3Dプリント部品に関連する収益の詳細な分析を初めて実施しており、ポリマー3Dプリントが及ぼす世界的な経済の影響を数値化しています。SmarTechは、ポリマー3Dプリンティングが直接的AM生産における大規模な市場機会により長期的に推進され、2020年に117億米ドルの収益を生み出すと予測しています。同市場は2024年に240億米ドルに達し、2030年末までに年間550億米ドル規模まで成長する見込みです。

過去2年間で、ポリマー積層造形の工業化において多くの約束が果たされましたが、業界は多くの課題にも直面しました。テクノロジーは、特にエンドツーエンドのワークフローの自動化と最適化に関して、さまざまな方法で前進し続けています。ポリマー積層造形市場における最も重要な進歩と成果の中には、材料科学および現在の技術向け新規材料の開発および最適化に登録されたものもあります。

積層造形の価値提案は、アプリケーションの範疇で最も明確化されます。SmarTech Analysisは、複数の変数(部品の平均重量および平均コスト含む)と、自動車、航空宇宙、消費者製品などに焦点を当てた最近の垂直セグメントレポートで実施された調査を通じて収集されたデータを考慮した新しいモデル開発しました。これは、プロトタイプ、モールドおよびキャスト、ツール、直接3D印刷された最終部品など、3D印刷が施された部品の収益または収益相当額を評価することを目的としています。

当調査では、レポートで検討したすべての主要な収益カテゴリを示しています。ハードウェアは、現在ポリマーを処理している4つの主要なハードウェアファミリーに分かれています(粉末床溶融結合、液槽光重合、材料押出、および材料噴射)。これらには、CarbonのDLS(Digital Light Synthesis)、HPのマルチジェットフュージョン、さまざまなハードウェアの価格カテゴリなど、主要なハイスループットポリマーAMテクノロジーの内訳が含まれます。これらは現在、すべてのハードウェア予測で個別のセグメントとしてリスト化されています。

材料は、テクノロジーおよび形状因子(粉末、フォトポリマー、フィラメント、ペレット)によって細分化されています。部品は材料消費の複雑な関数として計算され、垂直採用セグメントに細分されています。当レポートは、プロトタイプと医療モデル、ツールと金型および鋳造パターン、最終およびアフターマーケットの部品とコンポーネントを含む、AM生産されたすべてのパーツタイプの詳細な分析を提供しています。これらはさらに、特定のアプリケーションと部品固有の予測に分類されています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]