付加製造(AM)の世界市場、2019年に初めて100億米ドルを突破(SmarTech Analysis発行レポートより)

SmarTech Analysisは、4年連続で付加製造(AM)市場の年次サマリーレポートを発行しました。当レポートでは、AMビジネスの現状と、新たな市場機会が創出される分野を詳述しています。最新のレポートでは、同社が継続中の四半期ごとのアドバイザリーサービスおよび包括的なバリューチェーン市場の分析から収集された洞察を中心に考察しています。当レポートによると、AM市場は2019年に104億米ドルに達しました。同市場が100億米ドルを超えたのは、約40年の歴史の中で初めてのことです。

複雑な要因を背景に、同市場の成長率は2年連続で停滞してはいるものの、注目テクノロジーが揃っているため、長期的に見て市場機会は依然として有望です。また、数四半期に渡り中小企業や新規参入企業が同市場の成長を牽引しましたが、今後は安定した製品ラインの稼働が可能な大企業が主な収益ドライバーになるとSmarTechは考えています。

当レポートは、AMに幅広い学際的な関心を持つ業界関係者が、重要な市場動向、洞察やデータ等の必要な情報を得る唯一の情報源として役立つでしょう。膨大な量の業界の詳細データだけでなく、SmarTechアナリストが2020年に目立った動きをすると予想する価値ある動向も提供します。また、サブセグメントごとに業界に影響を与える現在のダイナミクスも提示し、読者に究極のマーケットインテリジェンスリソースを提供します。

分析では、主要なAM市場全体で最も影響力のある活動を強調しつつ、セグメント化された市場データと金属、ポリマー、セラミックのAMセグメントの洞察に焦点を当てています。航空宇宙、医療、自動車、サービスビューローや、消費財、エネルギー、産業などに代表される新たな市場機会などが含まれます。

HTML PREVIEW JP – 22963

【当レポートに含まれる予測指標】

・主要な追跡対象産業におけるプリンターの設置、収益、販売台数、および地理的指標:印刷技術別
・世界のハードウェアベンダーシェア:印刷技術別
・世界のハードウェア:プリンター分類別(専門家が使用する低コストのプロ仕様 vs ハイエンドの産業用機械)
・素材出荷数と収益:印刷技術、素材、地域別
・MAソフトウェア収益:ソフトウェアタイプ別
・AM部品印刷サービス収益:産業、主要素材別

当レポート内で提示されているすべてのデータは、今後10年間の予測値を含みます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]