免許不要1.9GHz帯のsXGP LTEインフラに1億5000万米ドルのビジネスチャンス

COVID-19パンデミックによる経済的影響が続くなか、免許不要の1.9 GHz sXGP(共有拡張グローバルプラットフォーム)帯域で運用されるLTE RAN(無線アクセスネットワーク)インフラへの年間支出は、2023年までに約1億5000万米ドルに達すると予測されています。

免許不要帯域における3GPPベースの携帯電話ネットワークの運用は、過去10年間にわたり、幾度となく議論されてきましたが、今となってはモバイルネットワークの高密度化戦略の重要な要因となっています。携帯電話事業者は、都市部の密集した環境を中心にネットワーク容量を拡大し、より高速なデータレートを提供するために、グローバルで調和のとれた5GHz帯を中心とした免許不要帯域で運用できるLTE RANインフラの導入を増やしています。このようなLTE RANの導入には、主にLAA(Licensed Assisted Access)技術が採用されており、免許不要チャンネルと免許エリア内のアンカーを集約することで、シームレスで信頼性の高い接続を実現しています。

しかし、免許不要帯域の実用の可能性は、従来の携帯電話事業者ネットワークの容量の拡張のみに依存するわけではありません。MulteFire、sXGP、CBRS(Citizens Broadband Radio Service)などの技術的および規制上の取り組みにより、企業、垂直産業、サードパーティニュートラルホスト、その他の新規参入者は、免許帯域のアンカーキャリアを必要とせずに、免許不要帯域のみで独自の独立した携帯電話ネットワークを構築し、運用することが可能となっています。

日本国内市場では、免許不要の1.9GHz sXGP帯で運用されるLTE RANインフラへの投資額が、2020年末までに3000万米ドルに達すると予測しています。同市場規模は、2020年から2023年の間にCAGR 70%以上で成長し、1億5000万米ドルに迫ると予測されています。


 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]