リチウムイオンバッテリー:二次電池の安全性確保および耐熱セパレーター開発の最新技術動向

リチウム二次電池を構成するために、リチウムイオンを格納または供給できるアノードとカソード、正極とリチウムイオンを提供または受信できる電解質、および物理的な接触を遮断するマイクロセンサーセパレーターバッテリーのアノードとカソードなどの材料が使用されます。

セパレーターの主な役割は、2つの電極間の電気的短絡を防止すること、およびイオン移動の経路を提供して電気化学反応が継続的に進行できるようにすることの2つがあります。このように、バッテリーの性能と物理的要因は非常に密接な相関関係があります。ガーレー数は、厚さ、気孔率、細孔サイズと分布、およびセパレーターの曲がりのレベルに応じて、換気特性に影響を与えます。

特に、セパレーターの厚さとして計算される正規ガーレー数は、イオン伝導度と強い相関があります。さらに、この係数値は、バッテリーのレート固有の特性に大きく影響します。電池性能の絶対値は、電解質または電極の選択によって異なります。ただし、同じ条件下では、正規化されたガーレー数またはイオン適合性が重要であると報告されています。したがって、適切なセパレーターを選択することは、エネルギー密度、出力密度、寿命特性、安全性など、バッテリー全体の特性を決定する上で重要な役割を果たします。

当レポートはセパレーターの技術動向と市場情報に焦点を当てています。特に、本レポートは、二次電池の安全性を確保するために、耐熱セパレーターの開発に関するいくつかの技術動向のレポートを購入する人々を支援することを目的としています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]