リチウムイオン二次電池市場、2030年に3,517億米ドル到達、市場規模は10倍超へ拡大見込み

リチウムイオン二次電池の世界市場は、パナソニック(当時三洋電機)や日立などの日本企業から始まりました。これは、ソニー(2017年にリチウムイオン電池事業を村田製作所に譲渡)が1991年にリチウムイオン二次電池を最初に開発した後です。その後、韓国と中国の二次電池製造会社が2000年代以降に市場に参入し始めました。2018年、バッテリー市場の規模(パック数)は331億米ドルです。さらに、市場は2030年には10倍以上成長して3,517億米ドル規模に達すると予想されています。

リチウムイオン二次電池向け4材料の市場は、韓国、中国、日本間の競合で構成されています。電気自動車市場の拡大により、各国企業間の競合と成長は、今後さらに厳しくなると予想されます。

当レポートは、二次電池を小型/ ESS(エネルギー貯蔵システム)/ xEV(電気自動車)に分割し、市場予測と主要メーカーを分析しています。2025年までの市場動向を予測した旧版レポートとは異なり、2030年までの需要予測を提供しています。さらに、現在台頭している材料メーカーのリストを新たに追加しました。

各材料の市場調査データの構成に対し、一部変更が行われました。2015年から2018年までをまとめた以前の市場データは、材料別および企業別の市場シェア、および最新の価格変更を表示しています。レポートで分析されているリチウムイオン二次電池会社は、二次電池メーカー10社、正極材料メーカー20社、負極材料メーカー19社、セパレーターメーカー15社、電解質メーカー14社です。

当レポートの長所

・2015年から2018年のパフォーマンスを含む最新の市場動向と世界の LIBの予測を網羅
・韓国、日本、中国のLIB主要4材料の詳細なメーカー情報が入手可能
・2015年から2018年まで直近4年間の材料産業の使用傾向の把握が可能
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]