産業用ヒートポンプの市場規模、2030年に23億米ドル到達予測

産業用ヒートポンプの市場規模は、2023年の13億9000万米からCAGR7.4%で成長し、2030年には23億米ドルに達すると予測されています。産業用ヒートポンプと呼ばれる大型装置は、主に産業廃水、海洋、河川など、さまざまな熱源から熱を取り出すために採用されています。ヒートポンプは、木材乾燥、パルプ・製紙生産、石油精製、食品・飲料生産、化学生産、公益事業、地域暖房など、多くの最終用途産業で使用されています。再生可能な電力出力を蓄熱可能な熱や冷気に変換する能力により、産業用ヒートポンプは今後、産業分野で重要な役割を果たすと思われます。

米国エネルギー省によると、既存または新築の住宅に適格なヒートポンプが設置された物件を米国内で購入した場合、30%の税額控除が申請できると言われています。

推進要因:産業界によるエネルギー効率向上への注目の高まり

エネルギーコストの上昇や、化石燃料ベースのエネルギー源から排出される二酸化炭素の多さが環境に悪影響を及ぼしており、産業界によるヒートポンプ導入への注目が高まっています。エネルギーコストの上昇や、エネルギー効率に関する規制遵守の高まりにより、エネルギー効率の高いソリューションの利用が各分野で重要となっており、ヒートポンプの使用促進が予想されます。

阻害要因:ヒートポンプに関する認知度の低さ

新興国や未開発国のエンドユーザーは、ヒートポンプに関連するエネルギー効率、コスト効率、環境上の利点についての理解だけでなく、技術的な知識も多く持っていません。計算結果はより大きな建設モデルに組み込まれ、環境への影響が考慮されています。ヒートポンプを採用することの利点や関連するISO規格に関する知識不足が、同市場の拡大を妨げることが予想されます。

市場機会:高度なヒートポンプへの需要の高まり

産業用ヒートポンプ市場の参加者は、ヒートポンプを新機能でアップグレードして性能を高めています。ヒートポンプは、コンプレッサー設計の進歩により、極端な暖房や冷房を効率的に処理することができます。この革新的なコンプレッサー技術により、消費電力は大幅に削減されます。この技術を利用することで、ヒートポンプの効率的な気流が保証され、エネルギーの無駄が減り、騒音が最小限に抑えられます。

脅威:初期コストの高さ

ヒートポンプを使った冷暖房は、規制された環境下で多く採用されています。ヒートポンプは環境にやさしくエネルギー効率が高いにもかかわらず、初期コストは炉やボイラーなどの代替品よりも高額です。大手企業に高価なヒートポンプを導入する余裕があっても、中小企業は予算が厳しく利益率も低いため、多額の出費には慎重です。冷媒価格の上昇によりヒートポンプのランニングコスト全体が上昇し、市場の成長を妨げる要因になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]