食品包装機械の市場規模、2028年に284億6000万米ドル到達見込み

食品包装機械の市場規模は、2022年の205億2000万米ドルからCAGR 5.6%で成長し、2028年には284億6000万米ドルに達する見込みです。食品包装機械は、世界的な食品ビジネスの重要なコンポーネントです。食品包装は、製品を顧客に適切に流通させるために不可欠であり、食品包装機械は、食品包装産業において、包装、密封、コード化、充填を含むいくつかの機能を果たします。食品包装は、サプライチェーン全体を通して製品の安定性を保証し、効率的な食品包装は、広い温度範囲に耐えることができます。包装スタイルは製品の品質や保存期間によって異なります。最も一般的な食品包装の用途には、ベーカリー、菓子、乳製品、鶏肉、肉・魚、果物・野菜、コンビニエンス・ミールなどがあります。

インド国家投資促進・円滑化庁によると、同国の加工食品産業は2020年末までに約5430億米ドルに達すると予想されており、食品包装機械市場で事業を展開するプレーヤーに十分な機会を提供しています。

牽引要因:健康食品に対する意識の高まり

世界的に拡大する食品加工産業が市場拡大の原動力となっています。また、健康意識の高まり、健康食品の消費の増加、衛生基準の向上が市場の成長を後押ししています。さらに、新鮮で高品質な食品に対する需要の増加に伴い、マイクロミシン目、簡単な開封、リシーラブル、携帯性、軽量、取り扱いの容易さといった便利な包装機能が市場成長で人気を集めています。急速に変化する競争環境と継続的な技術開発が市場成長の原動力となっています。

抑制要因:包装資材が環境に与える悪影響

プラスチック箔や包装紙、金属、段ボール、その他の包装材料は、分解が困難な重い複合材料であり、土壌の劣化やさまざまな環境問題を引き起こしています。各国政府は、包装廃棄物やリサイクルの課題に対処するため、数多くのプログラムを立ち上げています。例えば欧州連合(EU)は、包装および包装廃棄物の環境への影響を減らすため、包装および包装廃棄物指令94/62/EC(a.27)を制定しました。また、食品に有害な化合物を放出する可能性があることから、包装にリサイクル材料を使用することが制限されています。

市場機会:高度な包装技術の採用

食品の賞味期限の伸びと効果的で高度な包装技術の採用が市場成長の推進要因となっています。新興国における包装食品への取り組みや、製品の差別化要因としての包装利用は、市場機会を提供することが期待されています。さらに、食品包装機械業界は、すぐに食べられる食品への需要から、食品に組み込むことができる利便性、保存性、マーケティング能力の向上に注力しており、革新的な包装技術や機器の採用が、市場成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]