包装機械の市場規模、2028年に654億4000万米ドル到達見込み

包装機械の市場規模は、2022年の471億9000万米ドルからCAGR5.6%で成長し、2028年には654億4000万米ドルに達する見込みです。包装機械は、様々なアイテムやコンポーネントを梱包するために使用される装置で、小さな小袋から大きなカートンまでの包装を容易にし、耐温性を与え、物品の安全性を維持する上で重要です。包装機の異なるタイプは、様々なアイテムをソートし、カウントし、蓄積するために使用されます。包装機は、技術の向上とともにますます高度化し、現在では、製造、充填、シール、洗浄、組合せ、ラベリング、パレタイジング、包装など、さまざまな工程が組み込まれています。

米国疾病予防管理センターによると、米国では毎年推定7600万件の食中毒が発生し、35万人が入院、5000人が死亡しています。

牽引要因:物流・輸送・サプライチェーン業界における包装需要

包装は、多くのロジスティクスと輸送組織で、商品を包んだり束ねたりするために必要とされています。その結果、物流・輸送業界の継続的な成長が包装機の需要を促進し、近い将来の市場成長を後押ししています。これは、ある場所から別の場所へ商品や製品を安全に輸送する必要性が高まっていることに関連しています。さらに、Eコマース産業は近年驚異的な成長を遂げており、包装機械市場の成長に影響を与えています。

抑制要因:高い生産コストと輸入コスト

市場の大手企業は、包装機、自動ラベリング機、パレタイジング機と一体化した包装機械に注目しており、作業時間を短縮することで効率化を図っています。一方、これらは生産コスト全体を上昇させます。中小企業はこれらの機器を購入することが難しく、輸出企業に悪影響を及ぼします。さらに、インドやアルゼンチンのような発展途上国では、関税のために機械の輸入が困難であり、世界市場の成長の妨げとなっています。

市場機会:OEE(Overall Equipment Effectiveness)手法の導入によるリーン包装オペレーション

包装機械と上流の製造工程を統合する必要性は、業界の自動化技術の開発につながりました。OEE技術を適用することで、包装作業は包装工程の無駄をなくし調整することができます。包装された食品への需要の増加、医薬品や治療薬の継続的な製造、ブランド製品への支出の増加により、リーン包装オペレーションはますます普及しており、生産工程を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]