5Gサービスの市場規模、2028年に4550億米ドル到達予測

5Gサービスの市場規模は、2022年の1070億米ドルから、CAGR27.3%で成長し、2028年には4550億米ドルに達すると予測されています。5Gワイヤレスモバイルサービスによって、完全なモバイル環境とコネクテッド環境が実現し、多様なユースケースとビジネスモデルの提供が可能になりました。さらに、5G技術の高速データレートと極めて低い遅延は、シームレスなビデオ通話、超高精細(UHD)動画、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)ゲームなど、さまざまなユースケースで5Gサービスを利用する際のユーザー体験を向上させます。

2019年6月のEriccsonのMobility Reportによると、同地域の5G契約数は2億7000万件を超え、全モバイル契約数の約60%を占めると言われています。これは、5Gサービスが多くの可能性を秘めていることを示しています。

牽引要因:研究開発と展開の拡大

アイテムの改善、研究開発の強化、画期的な発明により、予測時間はさらに伸びることが予想されます。中国の5G試験が完了し、最新の知見における同社の圧倒的な地位は、5G技術の研究開発の進展を早め、普遍的に受け入れられる一連の国際標準の作成に貢献するものと思われます。ベンダーは、ビジネスを発展させるために、5G技術に効率的に対応できる無線試験装置を提供する必要があります。今後、これらすべての要因が市場に好影響を与えると考えられます。

抑制要因:高額な5G技術導入コスト

5G技術の導入コストは高額です。高すぎるスモールセルネットワークの設置価格と、屋外電源システムのセキュリティ不足は、世界の5G試験装置市場の拡大を抑制する2つの課題です。同分野の大企業は、電気通信標準化団体が定めた厳しい規則を遵守する義務があります。企業の利益率は、顧客からの競争的な価格設定よる影響を受けています。新たな周波数帯域の解放にかかる高コストが、市場に及ぼす影響が予想されます。

市場機会:市場関係者間の戦略的協力

市場参加者は、情報技術ソリューション、通信ネットワークインフラ、公益事業、半導体集積回路(IC)など、多くの分野で5G技術への投資を行っています。市場参加者とともに、各国政府も5Gネットワークの開発を加速させています。4Gネットワークと比べ、5G技術は桁違いに速いネットワーク伝送速度が提供できます。エンドユーザー業界のHMI技術採用により、広帯域幅で低遅延のアプリケーションに対応できるネットワークへの需要が高まっています。それと同時に、5Gネットワークエコシステムの構成要素として、ネットワークや5G対応製品の開発に注力する企業が増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]