干しブドウ市場、2028年までの間CAGR7.5%で成長予測

干しブドウ市場は、2028年までの間CAGR7.5%で成長するものと予測されています。ドライフルーツの一種である干しブドウは、ブドウを丸ごと、または砕いて作られ、生食、料理、トレイルミックス、スナックに加えたり、装飾に使ったりすることもできます。世界中で栽培されているレーズンはブドウを感想させたもので、生で食べたり、お菓子作りや料理、醸造に使ったりもします。レーズンの種類はブドウによって異なり、緑、黒、茶色、紫、青、黄色など、さまざまな形と色合いがあります。サルタナ、ザンテカラント、フレームグレープなどは種なし品種の一例です。レーズンは一般的に天日で乾燥させますが、実験室で脱水することもできます。健康的なスナックとしての干しブドウへの関心と需要の高まりが、市場拡大の原動力となっています。

国際ブドウ・エノロジー機構(IOVE)によると、世界のブドウの栽培面積は、950万~1000万ヘクタールと安定しており、近年の生産量は、年間6000万~7000万トンと増加しています。

牽引要因:国際市場からの輸入需要の増加

各国からの干しブドウ輸入量は年々増加しています。イギリス、ドイツ、インド、オランダ、日本、カナダ、フランス、中国、ブラジルが干しブドウの上位輸入国です。干しぶどうの多くはイギリスから輸入されており、全輸入量の12%を占めます。他にも、ドイツ、インド、オランダ、日本から、それぞれ9.5%、6.9%、6.5%、6%輸入されています。干しぶどうの輸入に影響を与える主な要因は、消費者の嗜好の変化であり、同時にその健康効果も向上しています。

抑制要因:過剰摂取は消化器系の健康を損なう

レーズンは食物繊維を多く含むため、消化器系の健康を維持します。一方、食物繊維の摂り過ぎは消化器系に害を及ぼし、他の栄養素の吸収を妨げる可能性があります。食物繊維は、体内の余分な水分を吸収することで下痢を治療することができます。しかし、水を飲まずに食物繊維を大量に摂取すると、脱水症状や消化不良、胃腸障害を引き起こす可能性があります。

市場機会:健康効果による消費の増加

レーズンは、外用クリームとは異なり、細胞を害から守ることによって、肌を内側から守ります。レーズンに含まれるフェノールには抗酸化作用があり、コラーゲンやエラスチンをフリーラジカルのダメージから守り、シワや小ジワなどの老化現象の発生を遅らせます。レーズンには、肌をより輝かせ、回復を早め、害から肌を守る抗酸化物質が含まれています。また、レーズンに含まれるレスベラトロールは、有害細胞を除去して血液を浄化します。さらに、体内で赤血球を生成する能力を高め、透明感のあるしなやかな肌をもたらします。こうした健康上の利点がブドウの消費拡大につながり、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]