歯列矯正の市場規模、2028年に257億米ドル到達予測

歯列矯正の市場規模は、2022年の81億5000万米ドルからCAGR21.1%で成長し、2028年には257億米ドルに達すると予測されています。歯列矯正学は、顎の歯並びの乱れの予防と治療、および顔面の顎の正しい配列(歯科顔面矯正学)に関係するものです。矯正歯科治療を受ける主な理由は、審美性と機能性です。不正咬合、交叉咬合、歯並び、噛み合わせなどの歯列異常の有病率の上昇に対し、治療費の高騰から患者のニーズが満たされないという大きなギャップが生じました。多くのメーカーや公的機関が、患者の要件を満たすために、政策を通じて協力し、ギャップを埋める取り組みを始めています。

牽引要因:不正咬合増による矯正製品の需要

不正咬合は主に遺伝によるものですが、顎の腫瘍などによる歯並びの悪化も報告されています。また、親指しゃぶりなどの幼少期の習慣や顔の外傷によって誘発されることもあります。歯列矯正市場の成長の主な要因は、世界中で歯列不正咬合の有病率が増加していることです。不正咬合は、骨の弱さと歯の奇形を引き起こす疾患である骨形成不全の患者に多く見られます。このような例からも、矯正治療に対する需要が高まっています。

抑制要因:治療による副作用

矯正治療が適切に進まないと、激しい不快感、歯周病、顎関節症(TMD)など、さまざまな悪影響が生じ、深刻な事態を招く可能性があります。デンタルブラケットは、ティーンエイジャーの歯並びを回復するために広く使用されていますが、歯周病、アレルギー反応、アンキローシス、軟組織損傷、カンジタ症などのリスクがあることは広く知られています。また、矯正治療を長期間続けると、歯根吸収などの悪影響を及ぼし、より深刻な問題に発展する可能性があります。

市場機会:クリアアライナーにおける機械学習と人工知能ツールの使用増

歯列矯正市場の上昇傾向の理由の1つは、機械学習(ML)や人工知能(AI)などのデジタル技術の治療への利用が増加していることです。人工知能は、その誕生以来、厳しい改良が加えられ、現在、この治療技術は幅広い問題解決能力を有しています。3Dプリンター技術は、歯列矯正を支援する方法の一つです。クリアアライナーにおける人工知能と機械学習の進歩により、医療従事者は治療計画や治療結果をより効率的に実践できるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]