スパンボンド不織布の市場規模、2028年に242億3000万米ドル到達予測

スパンボンド不織布の市場規模は、2022年の152億3000万米ドルからCAGR8.2%で成長し、2028年には242億3000万米ドルに達すると予測されています。スパンボンドは、繊維の紡績、網目形成、結合のプロセスで、切れ目のないフィラメントの集合体である不織布が得られ、ポリマーを最も早く繊維に変換することから、ファブリック作成に使用される中心的技術となっています。不織布は、おしりふき、生理用品、マスクなど、パーソナルケアや衛生用品の製造に使用されることが増えています。

牽引要因:パーソナルケアおよび医療分野からの需要拡大

経済成長と技術革新の結果、パーソナルケアとメディカル分野が急速に拡大し、テクニカルテキスタイルの需要が高まっています。テクニカルテキスタイルは、手術着、包帯、手袋、マスクなどに使用されおり、パンデミック時の消費者需要の高まりから、新アイテムの支援や生産が行われています。さらに、感染症のリスクを下げる方法として、個人の衛生状態を維持することが今後一般的になると予想されています。このため、この先数年間はスパンボンド不織布の使用が促進されると予想されます。

抑制要因:不安定な原材料価格

主な基本原料となる、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエステルの価格は日々変動しており、生産コストが高くなる可能性があります。さらに、使い捨ての不織布製品が頻繁に廃棄されるため、汚染への懸念が高まっています。政府は、医療廃棄物がゴミ箱に蓄積されることを懸念しています。多くの国でこれらの原材料の使用に関する規制が実施されており、同市場の拡大を抑制しています。

市場機会:使い捨て製品における技術革新の進展

スパンボンド不織布は、新生児用おむつ、大人用失禁用品などのパーソナルケア、カバー、フェイスマスク、ガウン、手袋、拭き取り繊維などのヘルスケアに使用され、使い捨て商品の開発、近代化、革新によりますます普及が進んでいます。使い捨て製品は、柔軟性、耐久性、軽量性、加工しやすさ、1回限りの使用といった製品特性があり、生産量が増加しています。使い捨て用品に依存するパーソナルケアと衛生事業は、消費者の健康と清潔に対する意識の高まりから拡大しており、幅広い市場機会を提供しています。

脅威:発展途上国における中小企業に対する事業拡大の制約

スパンボンド不織布の製造には多くの資源が必要であり、製造設備の設立には多額の初期投資が必要です。急速な技術進歩により、高度な設備が作られるようになりました。しかし、中小規模の生産者にとっては、初期投資ができないため長期的費用対効果のメリットが享受できず、非常に高い参入ハードルとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]