フードサービスの市場規模、2028年に4兆394億米ドル到達予想

フードサービスの市場規模は、2022年の2兆8801億米ドルからCAGR 5.8%で成長し、2028年には4兆394億米ドルに達すると予想されています。食事や飲み物をすぐに食べられるように調理し、テイクアウトや宅配で販売することをフードサービスと呼びます。ファストフードレストラン、ケータリング、ナイトクラブ、レクリエーションアウトレットなどの商業施設は、フードサービスを提供する2つの部門に分けられます。市場の構成要素がどのように組み合わされ、調理され、提供されるかによって、従来型と非従来型のシステムに分けることができます。その場で料理を作り、必要な時まで冷蔵または冷凍保存するレディプレパレーション方式と、出来上がった料理を購入、保存、組み立て、顧客に提供するアッセンブリーサーブ方式の二つがあります。

インド全国レストラン協会(NRAI)によると、21年度に25%のレストランが完全に閉店し、230万人を超える雇用が失われたと報告されています。

牽引要因:フードサービス機関の存在感の高まり

外食志向の高まりは、外食産業にも変化をもたらしています。最先端の手法やツールの使用は、外食産業が生産量を上げ、オペレーションを合理化し、全体的な効果を向上させるのにも役立っています。急速な都市化と移住により、消費者はさまざまな料理に触れるようになりました。さらに、エスニック料理の広告が増え、消費者が他の料理に興味を持つようになった結果、フードサービス業界は拡大しました。企業のオフィス、老人ホーム、孤児院、病院を含む施設の食のニーズに応える新しい業態の出現は、さらに追い風となっています。

抑制要因:オンラインフードデリバリーのネガティブな影響

顧客がネットでの食事注文に消極的なのは、その欠点によるものです。例えば、オンラインで食事を注文した場合、配達される料理の品質がレストランで出される食事よりも劣ることが多いという問題があります。また、宅配アプリは、ネットワーク負荷が大きいときに苦労します。さらに、宅配サービスの料理はプラスチックで束ねられていることもあり、レストランでお皿にきちんと盛り付けられた料理よりも食欲をそそらないのが一般的です。

市場機会:外食への支出の増加

共働き世帯の増加や外食支出の増加が、世界市場の拡大に寄与しています。さらに、発展途上地域と先進地域の両方で、多様なフードサービス施設が普及し、人気が高まっています。ミレニアル世代のファストフード消費傾向の高まりは、フランチャイズを含むクイックサービスレストランでの消費拡大に繋がっています。観光客による宿泊や食事への支出は、国内の個人消費の増加とともに、多くの地域経済の拡大に寄与しています。特定の国から観光客を呼び込むために、ホテルやレストランは、過去数年間の観光セクターの成長とともに、地元の市場でさまざまな新しい料理を導入しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]