バニラエキスの市場規模、2028年に76億5000万米ドル到達予想

バニラエキスの市場規模は、2022年の55億4000万米ドルからCAGR5.5%で成長し、2028年には76億5000万米ドルに達すると予想されています。バニラ香料は、食品などで最も人気が高いフレーバーであり、食品、飲料、医薬品、化粧品、香水などで多く見かけることができます。バニラ香料の需要が伸びているのに対し、その供給量は限られています。この需要に合わせて、多くの生産者は、天然のバニラエキスを混ぜ合わせて、製品を製造することに力を入れています。天然のバニラのさやにはバニリンが含まれていますが、これも合成されています。バニラエキス生産者は、高品質の製品開発のためにバニラエキスを提供しています。FiBL(The Research Institute of Organic Agriculture)によると、有機農業は、186カ国280万人の農家により、約7200万ヘクタールの農地で行われていると言われています。

牽引要因:食品・飲料業界における需要の増加

バニラは、食品分野では主にアイスクリームの製造に利用されています。ファーストフード事業はアイスクリームの最大ユーザーの一つであるため、ファーストフードチェーンの世界的な成長によりアイスクリームの消費量が増加しています。消費者の可処分所得の増加、生活水準の向上、購買力の向上が、インドや中国などの新興国市場の成長を促進しています。さらに、顧客の健康志向の高まりにより、より優れた品質、産地、繊細な味、ユニークな素材、倫理的な原産地からの、プレミアムアイスクリームの需要は劇的に拡大しています。

抑制要因:バニラ産地における地政学的な紛争

マダガスカルは、世界のバニラ生産量の50%以上を占める世界有数のバニラ栽培地です。しかし、長い間、政治的に不安定な状態が続いています。この政情不安は、バニラビーンズの入手に短期的に影響を及ぼしますが、製品は常に市場に出回っています。政党の移り変わりや内紛、輸出入政策の変更などにより、価格が常に一定であるとは限りません。そのため、バニラビーンズの価格設定は、社会的・政治的な影響を受け、メーカーにとって困難を伴う場合が多く、市場の成長にマイナスの影響を与えています。

市場機会:化粧品業界からの需要の増加

バニラ抽出物は、その濃縮された風味、抗酸化作用、およびフェノール成分バニリンにより、化粧品ビジネスで人気が高まっています。Paula’s Choice, LLC.によると、バニラエキスは、その抗酸化作用から、主にスキンケアに利用されており、肌を落ち着かせる成分として機能します。また、リップクリーム、グロス、口紅の心地よい風味を作り出すためにも使用されます。さらに、クリーム、ローション、バスケア製品にも含まれています。バニラ抽出物は、化粧品に使用されるとフリーラジカルを中和し、肌へのダメージを防ぐのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]