グローバルディストリビューションシステム(GDS)の市場規模、2028年に674万米ドル到達予測

グローバルディストリビューションシステム(GDS)の市場規模は、2022年の494万米ドルからCAGR5.3%で成長し、2028年には674万米ドルに達すると予測されています。グローバルディストリビューションシステム(GDS)は、旅行代理店、オンライン予約サービス、大企業が、飛行機の座席、ホテルの部屋、レンタカー、その他の旅行関連商品を収容するための単一アクセスポイントとして機能するコンピュータ化された予約ネットワークです。航空会社、レンタカー会社、ホテルチェーンなどが共同出資して運営しており、自動予約システム(ARS)、コンピュータ予約システム(CRS)とも呼ばれています。ワールドワイドディストリビューションシステムは、航空会社、ホテル、レンタカー会社、その他の旅行サービスプロバイダーが互いにビジネスを行うことを容易にする、企業が所有または運営するコンピュータ化されたネットワークです。

AltexSoftによると、Amadeus、Sabre、Travel portが提供するGDSシステムは、様々なホテルで利用されています。さらに、ホテルとGDSの統合が進むと、ホテルの予約システムにリアルタイムでアクセスできるようになります。ホスピタリティ業界の企業は、顧客基盤を拡大するためにマーケティングプログラムに多大な投資を行っています。Euromonitor Internationalによると、ホスピタリティ業界は非常に断片化されており、北米とオーストラリアを除くすべての地域で、世界のホテルチェーンの上位10社による客室売上は30%未満となっています。

牽引要因:旅行代理店の需要の高まり

需要に合ったホテルの部屋を探すために、GDSは旅行代理店を支援しています。何千もの旅行代理店に客室予約のための単一アクセスポイントを与えることによって、世界中に分散している大規模な顧客基盤に接続することが可能になります。さらに、GDSとホテルとの接続が深まれば、ホテルの予約システムにリアルタイムでアクセスできるようになります。ホテル業界は、顧客数を増やすために、マーケティングに積極的に投資しており、GDSを活用することで、マーケティングコストの削減を実現することができます。このように、GDSとホテルの統合によって、より安価なマーケティングオプションが可能になります。

市場機会:ホテル業界におけるGDSの導入の増加

GDSは、ツアーオペレーターや旅行会社が要件に合ったホテルを見つけるのに役立ちます。また、何千もの旅行代理店に客室予約への単独アクセスを提供し、世界中に散らばる多くの顧客と接触することを可能にします。さらに、ホテルとのGDS接続を深めることで、ホテルの予約システムにリアルタイムでアクセスできるようになります。顧客数を増やすために、ホスピタリティ分野の企業はマーケティングキャンペーンに多大な投資を行っています。GDSを利用することで、マーケティング費用の削減と、手頃な価格の選択肢を提供することが出来るようになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]