ポリトリメチレンテレフタレート市場、2028年に1兆4781億7000万米ドル到達予測

ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)市場は、2022年の9631億6000万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2028年には1兆4781億7000万米ドルに達すると予測されています。ポリトリメチレンテレフタレートは、安定した繊維、フィルム材料、フィラメントまたはテクスチャヤーンなど、主に繊維産業で利用されています。寸法安定性や仕上がりの良さから、自動車部品や携帯電話の筐体などのエンジニアリング用途のほか、産業用・家庭用カーペット市場でも使用されています。

インドの繊維省年次報告書2018-19によると、インドの繊維産業は、金額ベースで産業生産高の7%、インドのGDPの2%、同国の輸出収益の15%に寄与していると言われています。国家発展改革委員会によると、2019年1月11日のアパレル・ニットウェアの国内売上高は約1724億米ドルであり、2018年の同時期と比較して前年同期比で約3%の成長を示しています。

牽引要因:カーペットおよびテキスタイル部門からの需要増

カーペットおよび繊維セクターからの需要増が、2028年までのポリトリメチレンテレフタレート(PTT)市場を牽引すると予測されます。ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)ポリマーは、PBTポリマーよりも高い引張能力と曲げ能力を持つため、多くの産業用途でより頻繁に採用されています。

抑制要因:製造コストの上昇

製造コストの上昇と独自技術がポリトリメチレンテレフタレート(PTT)市場を抑制すると思われます。

市場機会:アパレル産業からの需要拡大

衣料品の生産に広く使用されているポリトリメチレンテレフタレートは、2028年まで最も急速に成長すると予想されます。ポリトリメチレンテレフタレートは、ポリブチレンテレフタレート(PBT)やポリエチレンテレフタレート(PET)と比較して、高い弾性回復力と柔らかさ、耐伸縮性、防シワ性などの優れた特性を有しています。また、染色性、弾性回復性、保温性、耐伸縮性、耐シワ性、高剛性、紫外線堅牢度などの優れた品質も兼ねそろえています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]