リスク分析の市場規模、2028年に977億8000万米ドル到達予測

リスク分析の市場規模は、2021年の331億7000万米ドルからCAGR16.7%で成長し、2028年には977億8000万米ドルに達すると予測されています。リスク分析は、さまざまな種類のリスクを効率的かつ効果的に管理するソフトウェアの一種で、明確な可視性を提供することができることから、複数の業界で活用されています。また、さまざまな種類のリスクを特定・管理し、潜在的な危機を回避するための対策を講じるため、多くの機能を備えており、プロセスに関するすべての課題や不確実性を受け入れることができます。

牽引要因:ビジネスプロセスにおける複雑性の増大

ビジネスが複雑化することで、企業は膨大な数のデータを扱い、潜在的なリスクを特定することが難しくなっています。これは、技術の進歩、複雑性の性質の変化、情報管理の必要性、政府の監視などによるものです。企業はリスク管理に対してより慎重になり、新しい手法の導入に多額の投資を行っています。さらに、技術革新と新技術の増加により、データが大量に生成されるようになりました。データの増加は、ビジネスを複雑化し、意思決定はより困難さを極めています。多くの企業は、データの収集と分析プロセスを簡素化する分析ソリューションの導入を始めています。また、分析ソリューションは、データから洞察を得て、複雑さを軽減することにも役立ちます。

抑制要因:高いコスト

企業資源計画ソフトウェアに独立したソフトウェアソリューションを導入することは、コストと時間がかかります。リスク分析には様々なモジュールがあり、リスクを認識する上で多くの目的に利用されます。このモジュールは、組織の特定の要件に適合するように、組織ごと異なるカスタマイズ方法を許可しています。このカスタマイズは、ソフトウェアの実装の費用を増加させます。さらに,ソフトウェアには年間保守費用やバグ修正費用、製品の継続的な使用料が必要となります。ソフトウェアの複雑な性質と、そのインストールと設定の難しさが、市場の成長を妨げています。

市場機会:FinTech産業の発展

FinTech業界は、金融および革新的なソリューションを提供する組織を構成しています。この業界は、さまざまな種類のリスクに対して脆弱であり、最もデータ機密性の高い業界です。そのため、大企業や中小企業などの組織は、革新的なソリューションに投資し、市場に技術を導入するために、FinTechビジネスに注力しています。リスク分析市場では、新しい包括的な技術対応ツールの発売や、リスク管理のための新しいビジネスモデルの導入など、さまざまな側面でデジタル化が進んでいます。テック対応ツールは、投資調査、コンプライアンス、リスク管理を支援するもので、この開発は、FinTechベンダーが効果的なリスク管理ソリューションを提供し、顧客にさらなる価値を付加することを支援しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]