医薬品用ボトルの市場規模、2028年に131億7860万米ドル到達予測

医薬品用ボトルの市場規模は、2021年の81億38万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2028年には131億7860万米ドルに達すると予測されています。医薬品用ボトルは、薬や医薬品を保管または保持することを目的とした容器または装置で、外部環境の有害な影響から製品を保護し、薬や薬剤を有効かつ安全に保つことを可能にします。医薬品用ボトルの製造に使われる適切な材料は、包装材料が意図された用途に最も理想的であることを保証しています。

牽引要因:ドラッグデリバリーデバイスの需要増加

薬物送達デバイスと高度なパッケージングに対する需要は、生物製剤や、経鼻、経皮、直腸、静脈といった従来とは異なる組織ルートの利用が増えるにつれて拡大しています。これらのシステムは市場のダイナミクスを変化させ、薬剤そのものと同じくらい重要なものとなっています。単位用量包装への傾斜の高まりは、この市場の成長をさらに後押ししています。慢性疾患の蔓延、生物製剤市場の成長、技術の進歩が、今後の市場成長をさらに後押しするものと思われます。

抑制要因:適切な医療を受ける機会の欠如

現在、世界人口の約半数が医療サービスに必要な費用を負担することができません。新興国においては、貧困が医療を受けるための大きな障壁となっています。経済的な制約、データの欠如、旧式の機器、限られたスタッフ、適切な医療行為に対する認識などが、医療サービスへのアクセスを制限する主な要因となっています。これらの問題が相まって、新興国における医薬品用ボトル市場の成長を抑制しています。

市場機会:医薬品用一次包装の需要の拡大

先進国における高度で多様な医薬品生産組織の増加や、患者別投与量、環境に優しい包装、革新的な偽造技術対応など、高度な包装技術利用の拡大が、一次包装の成長を後押しします。さらに、インド、ロシア、トルコ、メキシコ、アルゼンチン、中国は、医薬品製造能力の急速な拡大や、国内生産医薬品の品質と信頼性の向上を目的としたより厳しい規制の採用により、最も急速に成長する市場となる可能性があります。

脅威:偽造品対策

偽造医薬品は、成分や分量に誤りがあり、服用するとアレルギー反応を起こし、時には死に至ることもある危険なものです。抗マラリア薬と抗生物質は、最も頻繁に偽造される医薬品の一つです。偽造医薬品の半数近くは、中国、ベトナム、フィリピンなどの発展途上国で使用されています。これらの偽造医薬品は、アレルギー反応、嘔吐、吐き気など、人体に悪影響を及ぼし、この分野における大きな問題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]