ハニカム包装の市場規模、2028年に199億9000万米ドル到達予想

ハニカム包装の市場規模は、2021年の119億7000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2028年には199億9000万米ドルに達すると予想されています。ハニカム構造は、ハニカムの幾何学的形状から作成され、安全性を高めることができることから、かさばる製品や自動車部品の包装などに効果的です。製品は、ハニカム包装のための要素を作るために2つの薄い紙シートで製造されています。

牽引要因:Eコマース分野での需要拡大

電子商取引分野におけるさまざまな進歩が、市場の成長を促進しています。製品の健全かつ安全な配送を保証する新しいeコマース・プラットフォームの台頭は、現代の重要な傾向です。輸送される製品、アイテム、商品の損傷を防ぐ必要性から、衝撃に強い包装が求められています。ハニカム包装は安全性の高い包装であるため、その需要は増加の一途をたどっています。Eコマースでは、商品が破損した場合、返品が可能ですが、このような場合、業者は大きな損失を被る可能性があります。そのため、輸送時の破損を防ぐためにハニカムパッケージが使用されています。

抑制要因:ハニカム構造体の限界

加工、生産が難しく、段ボール箱のような箱型の立体を簡単に作ることができないため、生産工程における自動化技術に課題が残ります。ハニカム芯材の形状は、モデル化や加工が難しいため、計算コストがかかります。コア材料は、弾性直交特性を有する単純な等価体積に置き換えられる可能性があり、これがハニカムコア市場の成長を抑制する要因となっています。

市場機会:消費財・工業製品のニーズの高まり

工業製品の輸送は、製品の安全な配達を保証するために、厳格な包装物流が先行します。ハニカムパッケージは、工業用アイテムや商品を梱包するために、多くの産業アナリストから承認を受けています。産業部門の開発は、常にハニカムパッケージング市場に高収益をもたらし、また、消費財は輸送される前にハニカム包装の工程を通過します。商業および工業製品のための高度な流通網の存在は、市場の成長を後押しします。消費財や工業製品への需要は、ハニカム包装市場に十分な機会を提供することになります。

板紙セグメントは最大市場となる見込み

板紙ハニカムは、包装産業において、輸送中に家電製品や産業機器などを保護するための箱やパレットに利用されるため、最も有利な成長を遂げると思われます。また、サンドイッチ構造のコア材として、エネルギー吸収にも優れているため、自動車の熱シールドやその他の高温用途にも適しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]