パッケージングオートメーションの市場規模、2028年に1118億3300万米ドル到達予測

パッケージングオートメーションの市場規模は、2021年の615億米ドルからCAGR 9.8%で成長し、2028年には1兆1183億3000万米ドルに達すると予測されています。パッケージングオートメーションとは、人の手を借りずに行うパッケージング手順を指し、1台の機器による標準的な方法から、パッケージングライン全体までが含まれます。不要な作業を排除するスマートなアプローチにより、製造会社や包装会社はより少ない資産でより多くの作業を行うことができるようになります。

牽引要因:高度なパッケージングソリューションの導入

可処分所得の増加と生活水準の向上が相まって、輸送中の製品の耐久性と寿命を確保するための包装ソリューションに対する需要が高まっています。これらの要因は、様々な産業のメーカーが、生産をスピードアップし、大量生産のアイデアを実現するため、高度なパッケージングソリューションの導入を後押ししています。さらに、サプライチェーンの統合に対する要求が高まっているため、組織は商品の包装にスマート技術を採用しています。

抑制要因:高コスト

包装機を含む自動包装ソリューションの実装には、高い費用がかかるため、市場の成長を抑制しています。高度な技術と熟練労働者の必要性は、これらの機械の全体的なコストを拡大させます。また、機械の継続的な運用には適切な定期メンテナンスが必要なため、余分な出費が発生します。

市場機会:技術の進歩

技術の進歩に伴い、インテリジェントパッキン、IoT技術、スマートセンサーを搭載した機械のニーズと必要性が増加しています。IoT対応パッケージングオートメーション機械は、スマートフォン、PC、ラップトップを利用して作業できるプロセスと、機能のリモート監視、評価、および制御を強化します。この技術革新は、管理者とオペレータが、自動化された製品の信頼性を認識することを可能にします。さらに、機械の遠隔制御や操作におけるコマンドを提供することにより、故障の特定や修理に役立ち、市場成長のための十分な機会を提供しています。

脅威:厳しい政府規制

セーフガードは、従業員を不必要で予防可能な怪我から保護するために非常に重要です。自動化された梱包手順を利用する際の従業員の安全性に関する厳しい政府規制が、業界の成長に対する課題として作用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]