乳製品ブレンドの市場規模、2028年に63億8000万米ドル到達予測

乳製品ブレンドの市場規模は、2021年の32億3000万米ドルからCAGR10.2%で成長し、2028年には63億8000万米ドルに達すると予測されています。乳製品ブレンドは、潰したクリーム、バター、またはその両方から作られる乳製品の組み合わせで、植物油とブレンドしたバターや、飽和脂肪の少ない加工バターを使います。また、乳製品ブレンドは他のバターや乳製品に比べて脂肪分が少ないため、フィットネスや健康志向の人々に利用されており、世界的に需要が広まっています。これらのブレンドは、低コスト、滑らかさ、健康上の利点などから乳製品よりも選ばれています。消費者の味覚や好みに応じて、乳製品ブレンドは、塩、植物油、砂糖、香料、調味料などの他の成分と混合することができます。その利点は、植物油によりスプレッド性があり、パンに合わせやすく、同時に本物の風味を味わうことができます。消費者は、乳製品ブレンドを他の種類のタンパク質と組み合わせることで、栄養も有利に摂取することが出来ます。

牽引要因:ホテル・レストラン業界における使用量の増加

ホテル・レストラン、ファーストフードチェーン、クイックサービスレストラン、その他の食品店では、乳製品加工部門が提供する製品の低価格化により、乳製品ブレンド製品の使用が大幅に増加しています。低価格の乳製品ブレンドは、料理のコスト削減に役立ち、ひいては利益率の向上と支出の抑制につながります。また、屋台では、低価格の乳製品ブレンドが市場に出回っているため、食品の多くにバターやチーズのブレンドが使われるようになっています。

抑制要因:バターミルクの非効率的な使用

乳製品産業の主な副産物は乳清とバターミルクです。これらは新製品を生み出すための原料であるにもかかわらず、十分に活用されることはほとんどありません。バターミルクは他の乳製品と比較して非常に高濃度のリン脂質を含んでいます。世界的に、消費者の食に対する健康意識は高まっています。バターミルクは乳製品ブレンドの中で最も合成しやすい形態の一つです。全乳1カップには、640kJ(152kcal)と8.1gの総脂肪が含まれています。バターミルクの非効率的な使用は、バターミルク飲料を含むバターミルク製品の需要にマイナスの影響を与え、乳製品ブレンド市場の成長を妨げています。

市場機会:都市化の進展

都市化の進展は、乳製品ブレンド市場に大きな影響を及ぼしています。多忙なライフスタイルにより、男女とも家庭での調理が難しくなっており、仕事と子育ての両方をこなすワーキングマザーの場合その傾向は顕著です。乳製品ブレンドは、おかゆやご飯といった従来のベビーフードの代用品として好まれており、調理にかかる時間を短縮し、赤ちゃんの健やかな成長に必要な栄養素を提供します。これらは成長を促す重要な要因であり、乳製品ブレンド市場に大きなチャンスを与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]