マイコトキシン検査の市場規模、2028年に19億1,281万米ドル到達予測

マイコトキシン検査の市場規模は、2021年の10億3,303万米ドルからCAGR 9.2%で成長し、2028年には19億1,281万米ドルに達すると予測されています。マイコトキシンは、作物や果物などの広範囲の植物を汚染する有毒化合物で、その検査は、製品が発がん性物質を含まず、国際的な規制基準に準拠していることを保証します。また、カビ毒を持つ菌類の二次代謝産物で、大量に摂取すると人間や他の動物に有害となり、マイコトキシン症をおこすことでも知られています。食物連鎖に入るマイコトキシンの主な発生源は穀物ですが、果物やナッツなど他の多くの食物も同様にマイコトキシンに汚染されます。

牽引要因:厳しい規制

世界中のさまざまな政府機関や規制機関が、動物用飼料や食品成分の試験を義務化しています。規制当局は、安全性と有効性が証明されない限り、動物用飼料の販売を承認しません。汚染、化学物質、毒物などの潜在的な脅威を防ぐためのこのような措置は、マイコトキシン検査市場の成長に大きな影響を与えている。2006年5月、国産トウモロコシのアフラトキシン汚染が繰り返し問題となっているケニアで、急性アフラトキシ症の発生が報告されました。CDC チームは、ケニア保健省と協力して、汚染されたトウモロコシを特定し、その交換作業を行うために現場で使用できる、迅速で携帯可能なアフラトキシン・スクリーニング・ツールの試用を開始しました。

抑制要因:

マイコトキシン検査市場では、知識、組織、および技術が不足しています。時代遅れの技術の欠如、制度的調和や専門知識の不足、最新の基準の欠如など、食品安全に関連する問題が、検査市場を制約してきました。また、途上国ではWHO、FAO、世界銀行などの国際機関からの支援も不足しています。インドや中国などから輸出される食品は、コーデックス規格に準拠することが求められており、その結果、最高品質の食品素材が国外に流出することになります。ネパールやその他の発展途上国におけるトウモロコシのマイコトキシンリスクを低減するためには、植物育種技術による穂軸耐性品種の生産と、マイコトキシンリスクに関する教育や、汚染を減らすための携帯用キットによる検査手順が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]