掘削廃棄物管理の市場規模、2028年に94億7000万米ドル到達予想

掘削廃棄物管理の市場規模は、2021年の54億9000万米ドルからCAGR8.1%で成長し、2028年には94億7000万米ドルに達すると予想されています。掘削廃棄物管理は、E&P(探査と生産)事業に関連する活動の要素であり、効果的な掘削・生産作業と環境保護のために、体系的なアプローチを必要とします。このシステムは、掘削の効率を妨げることなく、環境パラメータを維持するのに役立ちます。掘削による廃棄物の流れには、掘削液、掘削くず、界面混合物などがあります。

牽引要因:世界的な石油・ガス探査と生産活動の活発化

エネルギー需要の増大により、北米や中東などの地域から石油・ガス生産が増加しており、探査・生産活動が活発化しています。石油・ガスの探査と生産(E&P)には、掘削工程が重要な役割を果たします。このような掘削活動の増加は、掘削中に発生する掘削泥水や掘削くずなどの廃棄物の増加を招きます。そのため、掘削工程に適切な廃棄物管理アプリケーションを導入し、環境を維持することが重要です。

抑制要因:原油価格の下落

現在の原油価格の下落は、様々な地域での探査・生産活動を制限しており、石油・ガス事業者の収益も減少しています。その結果、新規鉱区の開拓が減少しており、掘削廃棄物管理市場も伸び悩んでいます。原油価格の下落は、石油販売会社にとってマージンへの圧迫が軽減されるため、通常は好材料となります。ただし、下落が長期化しなかった場合、恩恵を受ける可能性は低いと言えます。

市場機会:総合的な廃棄物管理への人気の高まり

総合廃棄物管理への人気の高まりは、主要な掘削廃棄物管理市場のチャンスとなる可能性があります。有害ガスの放出や埋め立てによる汚染を減らす必要性から、固形廃棄物管理のための新しい技術の必要性が高まっています。統合廃棄物管理システムは、使用済み商品のリサイクル、廃棄物の再利用、さらに収集した廃棄物の分別や分離を最大限に活用するものです。効果的なISWMシステムでは、人間の健康と環境を最も効果的に保護する方法で、固形廃棄物の防止、リサイクル、管理を行う方法を検討します。総合的な廃棄物管理の普及と石油・ガスの消費量の増加は、掘削廃棄物管理市場に機会を提供することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]