スマートポリマーの市場規模、2028年に60億5721万米ドル到達予測

スマートポリマーの市場規模は、2021年の17億35万米ドルからCAGR19.9%で成長し、2028年には60億5721万米ドルに達すると予測されています。スマートポリマーは、環境のわずかな変化にも反応するため、環境感受性ポリマーとも呼ばれており、温度、磁気、pH、二重刺激、光強度など、生物系の環境における特定の変化を感知するように化学的に調合されています。

牽引要因:高度なパッケージング材料に対する需要の増加

高度なパッケージング材料は、従来のパッケージング材料に比べて利点があるため、ここ数年で大幅に需要を拡大させています。これらの利点には、水分コントロールや酸素除去などが含まれています。この需要拡大の要因には、消費者の習慣の変化、新しい品質・安全要件の導入、食品サプライチェーンにおける新しい規制の導入などが挙げられます。

抑制要因:高コスト

スマートポリマーの改良に関連する高コストは、需要を制限すると思われる要因のひとつです。ポリマーの開発とそれに関わる技術にはコストがかかるため、スマートポリマー産業全体の成長にとって大きな課題と考えられています。スマートポリマーは高分子量の為、臨床試験が難しく、主要用途での採用や承認取得に制約があり、スマートポリマー産業全体の成長を抑制することになります。

市場機会:自動車産業における需要の増加

自動車産業に関連した需要の増加は、基本的に上昇しています。自動車産業は、力強い経済成長と消費者の購買力により上昇しています。スマートポリマーは、自動車産業において、再構成可能な収納ボックス、シートアセンブリ、エネルギー吸収アセンブリ、フードアセンブリ、車両構造から、気流制御システム、リリース可能なファスナーシステム、適応レンズアセンブリまで、多くの用途で利用されています。このように、2輪車および4輪車の需要の増加が、スマートポリマー市場を活性化することが予想されます。

脅威:スマートポリマーに関連する健康被害

スマートポリマーに関連する健康被害は、今後の市場成長を抑制する可能性があります。この健康被害には、胃腸の不調、咳、皮膚の紅潮、腎臓の損傷などがあります。感熱性ポリマーを含めスマートポリマーの欠点として、潜在的な過量放出につながるゲルの低い機械的強度、薬物の放出が速いこと、ポリマーシステムの生体適合性がないこと、酸性分解によりシステムのpHが徐々に低下すること、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]