変圧器鉄芯の市場規模、2028年に142億3000万米ドル到達予測

変圧器鉄芯の市場規模は、2021年の92億8000万米ドルからCAGR6.3%で成長し、2028年には142億3000万米ドルに達すると予測されています。変圧器鉄芯は、電磁誘導によって1つのソースから別のソースに電力を伝送する静的デバイスで、トランスの種類と容量に応じて導入されています。

牽引要因:電力需要の増加

全世界で電力需要が増加しており、電力を生産するための再生可能エネルギー資源の統合が、あらゆる分野での電力需要から変圧器鉄芯市場の成長を後押ししています。鉄芯は、ラミネーションと呼ばれる多数の薄板の粒状ケイ素鋼で作られており、薄いコーティングによってそれぞれ電気的に絶縁されています。

抑制要因:コスト高

変圧器鉄芯は、銅線が多く使われているため、非常に高価なものです。銅はトランスに使われる最も基本的な材料で、その価格に大きな影響を及ぼします。トランスに使用されている銅の重量がコストを決定します。電流が高くなると、ワイヤーの費用が増加します。長さと同様に、ワイヤーの直径によってもコストは増加します。

市場機会:電力網の高需要と拡大

送電網の安定性と信頼性により、変圧器鉄芯市場における全体的な支出が促進され、近年は重大な停電の発生が減少しています。送電網インフラの更新に強い関心が集まる一方で、送電網ネットワークの拡大が顕著です。既存の技術をより高性能なスマート技術に置き換えるために、資本支出は拡大し続けており、市場成長のための十分な機会を提供しています。

脅威:変圧器鉄芯の故障

変圧器に影響を与える変圧器コアの故障が原因で問題が発生しています。 さらに、コアラミネーションの短絡などにより、損失が増加し、変圧器鉄芯が過熱する可能性があります。 ターン間、ステージ間、および巻線間に短絡があります。 ほとんどの短絡故障は、絶縁油の劣化や雨の侵入による同軸避雷器などの異常な張力が原因で発生します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]