取引監視システムの市場規模、2028年に58億米ドル到達予測

取引監視システムの市場規模は、2021年の14億6000万米ドルからCAGR21.8%で成長し、2028年には58億米ドルに達すると予測されています。取引監視システムとは、あらゆる資産クラス、あらゆる商品において、相場操縦、不正、行動パターンなどの活動を監視、検出する監視システムで、証券市場における不正、操作、違法な取引行為の防止と調査を保証するものです。

牽引要因:金融機関における需要の増加

取引監視は、著作権や顧客の取引を精力的にチェックし、疑わしい取引パターンを特定・分析するものです。金融サービス業界では、取引監視は、法的措置、刑事告発、あるいは企業閉鎖につながる可能性のある市場の乱用や市場操作の手法を直接または間接的に監視・分析するプロセスと定義されています。さらに、規制遵守が進展し、関連する役割が増加する中で、金融機関の経営難に対処するための技術として、今後も活用されると思われます。

市場機会:クラウドベースの導入が増加

クラウドベースのトレーディング業務は、デジタル化の容易さと迅速なアクセスにより急速に発展しており、同時に取引監視の要件も高まっています。クラウドベースの取引監視ソリューションは、そのいくつかの利点から、オンプレミスの取引監視システムよりも高い支持を得ています。クラウドベースのプラットフォームやソリューションは、取引監視ソリューションの開発において、拡張性の高いパフォーマンスと安定した環境を提供します。

脅威:対応力不足とセキュリティ上の懸念

取引監視システムの運用能力についての認識が低く、従業員の実務経験が乏しいため、同市場の成長が制限されています。さらに、機能面に関してもサードパーティベンダーに依存しているため、データ漏洩のリスクは大幅に高まっています。このように、技術的な専門知識の欠如とセキュリティに関する懸念の高まりが、市場の成長を脅かす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]