クラウドバックアップの市場規模、2028年に96億1000万米ドル到達予測

クラウドバックアップの市場規模は、2021年の29億5000万米ドルからCAGR18.4%で成長し、2028年には96億1000万米ドルに達すると予測されています。クラウドバックアップは、膨大な量のデータをオンラインで保存し、いつでもリモートでアクセスできるようにするためのプロセスで、情報技術者の作業負荷を増やすことなく、企業の情報保護をサポートします。

牽引要因:クラウドコンピューティングの採用が増加

多くの産業や企業は、物理的なサーバーをクラウドベースのサーバーに置き換えることを好んでいます。クラウドコンピューティングの採用により、企業はより便利に組織の拡大や縮小を行うことができます。クラウドコンピューティングは、企業に新しいビジネス能力と機会を提供します。多くの企業は、AWSのクラウドコンピューティングサービスから高い収益を上げています。クラウドベースのコンピューティングのための需要の増加に伴い、クラウドバックは、より多くのアプリケーションを見つけています。クラウドベースのバックアップを使用することは、企業にとって便利で費用対効果に優れた選択です。

抑制要因:保存期間と将来のコスト

データは永久に保存され、アクセスされる必要があるため、情報の効率的な保存と管理に関連する生涯コストの問題が発生します。初期コストが安くても、データ量の増加に伴い、将来的にクラウドに情報を保管するためのコストが増加する可能性があります。このようなデータの増大は、ネットワークコストや検索時の待ち時間の問題を引き起こす可能性があります。ほとんどのクラウドストレージ・ベンダーは、送信帯域幅ごとの料金を請求しており、保存されたデータやファイルへの定期的なアクセスがクラウドストレージのコストに上乗せされる可能性があります。

市場機会:マシン仮想化技術の台頭

マシン仮想化は、データセンターで広く採用されている革新的な技術です。データセンターは、プロセスリソースを生産的に利用することができ、企業の資本支出を削減し、最小限の物理サーバーを利用することでハードウェアを最適化するのに役立っています。最近では、多くのベンダーが、データセンター・アプリケーションにマシン仮想化を採用することで、新たなビジネスチャンスが生まれることを予感しています。

脅威:データコンプライアンスの問題

クラウドバックアップは、様々な国や地域で情報を保存するため、多くの規制上の問題に直面しています。クラウドバックアップの導入により、企業の情報を別の国のクラウド事業者が管理する可能性があり、各国が定める異なる規制により、情報コンプライアンス上の問題に直面することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]