ピレスロイドの市場規模、2028年に58億9437万米ドル到達予測

ピレスロイドの市場規模は、2021年の36億9482万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2028年には58億9437万米ドルに達すると予測されています。ピレスロイドは、菊の花から抽出される天然由来のピレトリンに合成修飾を加えて得られる殺虫剤で、ピレトリンと同様の特性を持つ一方で、日光に弱いという特徴があります。また、湿式粉末、顆粒、乳化剤、超低容量(ULV)スプレーの形態で使用され、哺乳類や鳥類への毒性は低く、飛ぶ虫などを殺すために少量ずつ投与されます。主に蚊、ハエ、アリ、蛾、農作物の害虫などの家庭用殺虫剤として使用されており、保存期間が短く、生分解性があるのが特徴です。

牽引要因:食糧需要の増加につながる人口急増

世界人口は日々指数関数的に増加し、普遍的な食糧需要に対応する必要があります。食糧需要を満たすための戦略として、農家は作物保護に注力しています。農作物への殺虫剤の使用は確立された技術であり、都市化した国々では、世界の食糧供給を増やし、農作物の劣化を防ぐために、ピレスロイドに対する莫大な需要が発生しています。国連の人口統計では、2050年までに世界の人口の60%以上を占めるアジア地域(特に中国、インド、東南アジア)の人口が最も増加すると予測しています。この人口増加に伴う食糧増産のために、大量の農薬が必要となります。

抑制要因:ピレスロイドの使用による弊害

ビフェントリンは、皮膚に触れると、接触した部分がヒリヒリしたり、火傷のようになり、死に至ることもあります。ビフェントリンを吸入すると、のど、鼻、肺に害を及ぼすことがあり、大量に摂取した人は、即座に吐き気、喉の痛み、胃痛、嘔吐を起こすと報告されています。ビフェントリンにさらされたペットは、下痢や嘔吐、耳の痙攣、活動性の低下、前足のフリッカー、よだれの増加や、下痢、疲労、瞳孔散大などを伴う多動性という症状を見せることもあります。さらに、頭を振る、噛む、部分的な麻痺、震えなどの症状も報告されています。このような有害作用は、同市場の制限となる可能性があります。

市場機会:新規合成ピレスロイドの開発

新規合成ピレスロイドは、蚊取り線香やエアゾールの殺傷・軽減効果において天然ピレスロイドを凌駕しています。レスメトリン、テトラメトリン、プロトリン、プロパルトリンなどが代表的な合成ピレスロイドで、この分野の進歩に大きく貢献しています。合成ピレスロイドは、新規ピレトリンの人工的な分散体または変種であり、数種の殺虫剤の集大成です。ただし、合成ピレスロイドはピレトリンに相当するため、その開発には厳しい化学変化が伴い、毒性が強く、生分解性が低いという欠点があります。人口増加に伴い人々は健康的な食品を求めるようになり、ライフスタイルの変化から合成ピレスロイドの使用量が増加し、世界的に広く使用されるようになっています。これは、ピレスロイド市場にとってのチャンスとなることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]