難燃性ポリアミドの市場規模、2028年に14億8900万米ドル到達予測

難燃性ポリアミドの市場規模は、2021年の8億415万米ドルからCAGR9.2%で成長し、2028年には14億8900万米ドルに達すると予測されています。難燃性ポリアミド材料は、最高級の耐火性を持つ材料の一種で、一般的に発泡体、コンピュータ、絶縁材料、自動車部品、その他の材料に使用されています。また、回路加工、プリント基板、電子鋳造品にも使用されています。

牽引要因:電子機器への採用

難燃性ポリアミドの需要は、エネルギー密度の増加、過熱や短絡による火災のリスクの上昇、電池筐体の火災安全性と保護の改善の必要性とともに増加しました。難燃性、硬度、熱安定性といったポリマーの特性が、電化製品への搭載を後押ししています。スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンなどの急速な普及に伴い、高密度なエネルギー貯蔵と迅速なエネルギー回生へのニーズがますます高まっています。

抑制要因:厳しい規制の存在

電子機器や家電機器、商業製品の中には、火花にさらされても燃えないように、ハロゲン系難燃剤で処理されたものがあります。そのため、ハロゲン化合物は市場で重要な役割を担っています。一方、ハロゲン系難燃剤は、人体や環境に対して有害な影響を及ぼします。ナショナル・センター・フォー・バイオテクノロジー・インフォメーションによると、ハロゲンにさらされると、生殖毒性、甲状腺障害、神経機能障害、がんなど、人間の健康に深刻な問題を引き起こすと言われています。このような要因から、各国政府はハロゲン系製品の使用に対して厳しい規制を設けることを余儀なくされています。これらの要因は、市場の成長に制限を与える可能性があります。

市場機会:自動車における使用量の増加

自動車には、HVコネクター、ACコンタクター、自動車パネルなどの部品やコンポーネントがあり、その中には難燃剤が含まれています。そのため、自動車産業における難燃性ポリアミドの使用は増加傾向にあり、市場を活性化させることが期待されます。政府や団体による厳しい防火・安全規則が、自動車メーカーによる製品消費を増加させています。また、過熱による発火防止や強靭性・機械的強度の向上などの利点が、難燃性ポリマーの採用を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]