リン鉱石の市場規模、2028年に275億4000万米ドル到達予想

リン鉱石の市場規模は、2021年の210億7000万米ドルからCAGR3.9%で成長し、2028年には275億4000万米ドルに達すると予想されています。リンは、化学物質の製造に利用されるリン酸塩岩から得られます。リン酸塩岩は、リン酸塩鉱物を大量に含む堆積性の非乾燥性岩石で、リン鉱石または岩リン酸塩とも呼ばれ、リン酸カルシウムの形で形成され、通常、海洋で見られます。リン鉱石市場は、海洋リン鉱床、火成リン鉱床、変成鉱床、生物起源鉱床、風化鉱床など、採掘されているソースに基づいて分類することができます。

牽引要因:植物や作物の病気の発生が増加

植物や作物の病害の発生が増加していることが、市場の成長を促進しています。病害は作物や植物に被害を与える重要な原因であり、植物病原性生物によって引き起こされることがあります。病害はしばしば品質や収量に大きな経済的影響を与えるため、大多数の作物にとって病害管理は生産に不可欠な要素となっています。一般的に殺菌剤は、作物の植え付けや生育中の病害防除、生産性の向上、傷の軽減に使用されています。病害を受けた食用作物は、光合成に必要な葉が病害に侵されるため、一般的に生産量が減少します。作物の8本に1本は菌類の病気によって収穫できないことが分かっており、そのため作物保護政策の必要性が生じています。

抑制要因:代替品の存在

同市場の成長は、代替品の存在によって鈍化する可能性が高いと言えます。例えば、フィターゼは低コストであるため、動物飼料産業では飼料用リン酸塩よりも好まれています。また、骨の弾力性を高め、代謝やエネルギーを強化するなどの関連特性を備えており、高い飼料消費量を促し、家畜の身体的成長を助けます。今後数年間、フィターゼの効果はリン鉱石産業の発展に悪影響を及ぼすと予測されています。

市場機会:世界人口の増加

将来的には、世界人口の増加とそれに伴う食糧生産の増加により、リン鉱石市場は上昇し、リン酸肥料の需要が増加すると予想されています。例えば、2050年には世界人口が96億人に達すると予測されており、農家はこの膨大な人口を養うために、多くの作物を栽培する必要に迫られています。食糧農業機関の予測によると、このような膨大な人々を養うためには、2050年までに食糧需要を70%増加させる必要があると報告されています。その場合、作物生産には耕作地の拡大と農業の集約化が必要となり、いずれもリン酸塩肥料の需要増につながると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]