スタンドアップパウチの市場規模、2028年に498億1000万米ドル到達予測

スタンドアップパウチの市場規模は、2021年の263億8000万米ドルからCAGR9.5%で成長し、2028年には498億1000万米ドルに達すると予測されています。スタンドパウチは、固形物、液体、粉体、非食品などの容器として非常に理想的であり、食品の鮮度を長期間保つのに役立ちます。金属箔、ポリプロピレン、ポリエステルが、スタンドパックやパケットを作るために使用される材料です。軽量で扱いやすく、コーヒーや紅茶、ソース、キャンディーなど、食品・飲料の分野で広く使われています。スタンドアップポーチには、主に3つのタイプがあります。アラウンドボトムまたはドイパックとも呼ばれるドイパック、Kシール、およびプラウ(プラウ)ボトムまたはフォールドボトムとも呼ばれるコーナーボトムです。

牽引要因:外出先でのスナック菓子の利用拡大

スナック菓子に対する需要の高まりは、市場成長を促進する大きな要因となっています。外出先での間食や再封が可能なパッケージ商品の需要増、消費者のスタンドアップパウチへの嗜好の高まりが、市場の拡大に重要な役割を果たしています。また、スタンドアップパウチは、使用する材料が少なく、輸送や発送のコストが低いという特徴があります。さらに、ガラス瓶や金属缶など、他の多くの包装形態と比較して軽量であることも特徴です。

抑制要因:スタンドの不具合

スタンドパック包装の場合、棚の角でまっすぐ立ち、倒れても商品の中身に影響を与えず、商品を陳列することができます。しかし、パックが空になると、スタンドパウチはまっすぐ立つことができなくなり、倒れ始めます。また、その生産には、膨大な数の生産地と原材料が必要となり、市場の収益を妨げる可能性があります。

市場機会:金属缶への抵抗

消費者は金属缶を避け、パウチ食品を選ぶようになっています。缶詰の売上は低迷しており、ペットフード分野ではスタンドアップパウチ包装の利用が増加しているため、その増加を目の当たりにしています。金属缶は開封が困難であることや、最も重い包装であること、二酸化炭素排出量が多いことなどがそのデメリットとなっています。さらに、パウチの普及は、複数のプラスチック層をブレンドすることで、より新しい印刷やデザイン技術が使用できるようになったことにも起因しています。

脅威:光による反応とマーケティング機会の減少

スタンドパックには、光に弱い食品が入っており、光に当たると汚染される可能性があります。また、食品に含まれる成分が光に反応し、食品全体が汚染される可能性もあり、無視できない脅威となっています。また、シースルースタンドポーチには、ブランドのレートを刻印するためのスペースがなく、マーケティングの機会が減少することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]