血液スクリーニングの市場規模、2028年に51億8000万米ドル到達予想

血液スクリーニングの市場規模は、2021年の25億9000万米ドルからCAGR10.4%で成長し、2028年には51億8000万米ドルに達すると予想されています。血液スクリーニング検査は、医療従事者と患者が正しい医療上の決定を下すために必要な情報を提供し、医療システム成功の基盤となっています。血液スクリーニング検査は、予防、発見、診断、治療、健康状態の管理など、医療の各段階に必要な客観的かつ定量的な測定値を提供することが出来ます。

牽引要因:献血数の増加

感染症に対する血液の安全性への意識が高まっていることが、血液スクリーニング検査の高い需要につながっています。事故事例の増加や癌などの慢性疾患の蔓延は、患者の集団治療のための膨大な血液の需要を生み出しています。交通事故の被害者1人が最大100ユニットの血液を必要とし、化学療法を受けている癌患者は輸血を必要とする機会が多いことが、研究によって検証されました。したがって、事故事例と癌患者数の増加により血液の需要が高まり、血液スクリーニング検査が受け入れられるようになりました。

抑制要因:高いコスト

市場成長を制限している主な要因の1つに、発展途上国における血液スクリーニング検査のための医療インフラ用の資金不足があります。検査機器に関連する高コストと厳しい規制政策は、市場の成長を抑制する要因のひとつと考えられています。

市場機会:自動化された分子プラットフォームの導入

プロセスにおけるヒューマンエラーを排除するために、輸血スクリーニングの自動化が進んでいます。ほとんどの場合、スクリーニング検査は、血液銀行や病院で行われる医療上の意思決定に影響を及ぼします。主要なプレーヤーによる自動化された分子プラットフォームの導入は、献血センターでの採用増加につながっており、市場成長のための十分な機会を創出すると考えられます。

脅威:代替技術

デジタルイムノアッセイは、フェムトリットルサイズのウェルのアレイを使用したELISA法をベースに、洗浄工程を必要としない1分子検出のためのワンステップソリューションです。この検査は、安価、迅速、簡便、高感度、定量的、低侵襲なCOVID-19抗体血清検査に対する需要により、大きな関心を持たれています。その結果、SARS-CoV-2に対するヒト血清学的IgGを迅速かつ高感度に定量分析するため、血清1滴のみを必要とするシングルステップの無洗浄イムノアッセイが開発されました。

血液銀行セグメントが最大見込み

血液銀行セグメントは、輸血スクリーニング市場で最大のシェアを占めています。献血された血液や血液製剤の感染症検査は、患者を保護し、深刻な感染症の蔓延を防止するための重要な安全対策です。献血や輸血関連スクリーニングの増加、輸血感染症に対する意識の高まり、感染症の発生率の上昇などの要因が、このセグメントの成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]