アプリケーションセキュリティの市場規模、2028年に231億1000万米ドル達成予測

アプリケーションセキュリティの市場規模は、2021年の72億1000万米ドルからCAGR18.1%で成長し、2028年には231億1000万米ドルに達すると予測されています。同セキュリティは、アプリのセキュリティ上を発見、修正、改善することで、アプリケーションを保護する手法です。アプリケーションのライフサイクルのさまざまな段階で、セキュリティ上の脆弱性を表面化するために、さまざまな技術が利用されています。脆弱性の予防、修正、検出は、アプリケーションセキュリティのタスクの一部です。

牽引要因:セキュリティ侵害の増加

セキュリティ侵害は、消費者や企業にとっての脅威であり続けています。デジタル・インフラの基盤は、ビジネス・クリティカルなアプリケーションとデータ間の通信に依存しており、ステージ、デバイス、ユーザー間で共有されています。ビジネスアプリケーションは、組織の基本的な情報を保持しており、サイバー犯罪者の目的となっています。Common vulnerabilities and exposuresデータベースには、一般的に利用されているアプリケーションの脆弱性が多く含まれており、そのアプリケーションにはパッチが提供されていません。また、パッチが提供されている場合でも、消費者や企業はパッチを適用しないため、サイバー犯罪者はアプリケーションのコードを破壊する可能性を高めています。このようなビジネスアプリケーションを標的としたセキュリティ侵害の増加に伴い、世界中の企業がウェブアプリケーションとモバイルアプリケーションを保護するためのアプリケーションセキュリティソリューションを導入しています。

抑制要因:予算上の制約

未使用のビジネスベーシックアプリケーションは、定期的に更新されないため、有害です。多くの中小企業は、この種のアプリケーションにお金をかけることは、組織の負担になることを認めています。その理由は、未使用のアプリケーションは、ビジネスクリティカルなアプリケーションであろうと、めったに使われないWebアプリケーションであろうと、クラックされてITインフラに侵入される可能性があり、長期にわたりセキュリティ脅威となるためです。中小企業にとっては、予算の制約と投資対効果の問題が、アプリケーションセキュリティ市場の成長を抑制しています。

市場機会:Webおよびモバイルベースのセキュリティ採用

アプリケーションセキュリティは、セキュリティ開発ライフサイクルのさまざまな段階、たとえば、セキュリティ設計やセキュリティコーディングを通過するWebおよびモバイルアプリケーションを対象としています。機械学習や専門家システムのような人工知能を利用して、そのセキュリティをさらに発展させ、脅威を予測、適用し、脆弱性とセキュリティコーディングの修正指針を特定することが可能です。これらの技術革新の支援を受けたセキュリティ監査人は、攻撃脅威の特定とコードレビュープロセスを自動化することができます。組織では、アプリケーション開発プログラムに人工知能と機械学習を採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]