モーターモニタリングの市場規模、2028年に34億米ドル到達予測

モーターモニタリングの市場規模は、2021年の19億6000万米ドルからCAGR8.2%で成長し、2028年には34億米ドルに達すると予測されています。モーターモニタリングは、デバイス上のセンサーや検出器などのコンポーネントからストリームされたデータを収集、分類、分析し、様々なアルゴリズムや監視プロセスを用いて、ソフトウェアで処理されます。モーターモニタリングは、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせで提供されます。

牽引要因:予知保全と補強に対する意識の高まり

予知保全に対する意識の高まりと、分析による増強が市場を牽引しています。電気モーター監視の重要性は、モーターが1つでも故障すると損害が発生することに関係しています。予知保全をさらに進め、社内の保全担当者を訓練し、可能な限り短期間で自立させることが、コスト面での解決策となります。予知保全では、センサーを利用して資産に関するデータを継続的に収集し、あらかじめ定義されたルールに従ってアラートを送信します。製品チームはエンジニアリング部門やカスタマーサービス部門と連携して、モーターが故障する原因や要因を特定します。

抑制要因:初期投資が高く、カスタマイズ性に欠ける

初期投資が高く、カスタマイズ性に欠けることが、市場の成長を制限しています。新技術の統合により、産業用システムはより複雑になっており、同時に、メンテナンスとモニタリングのコストが高くなり、信頼性の高いデータを時間通りに取得することが難しくなっています。より多くのセンサーがシステムに統合されればされるほど、処理すべきデータはより多く生成され、データベース技術で処理することは困難になります。

市場機会:ワイヤレスシステムの採用拡大

モーター監視のためのワイヤレスシステムの採用が拡大していることが、市場を牽引しています。電気モーターとドライブは、発電量の約45%を消費しています。逆に、電気機械が適切にメンテナンスされていないと、約5%から10%の余剰電力を消費し、生産性と収益に影響を及ぼします。モーターのワイヤレス監視は、異常時の自動検出と数マイクロ秒以内のサーバーへの報告により、機械パラメータをより正確に把握することが可能です。無線技術の利点は、信頼性が高く、非常に遅いネットワーク速度でも動作し、一度に複数のデバイスを扱えることが出来ます。システムは、複雑なメカニズムを伴わず、軽量のMQTTプロトコルを使用しているため、大規模な産業用セットアップへのインストールやスケールアップが容易になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]