エポキシコーティングの市場規模、2028年に649億7000万米ドル到達予測

エポキシコーティングの市場規模は、2021年の337億7000万米ドルからCAGR 9.8%で成長し、2028年には649億7000万米ドルに達すると予測されています。エポキシコーティングは、エポキシ樹脂とポリアミン硬化剤を化学プロセスで混合することで形成される耐久性のある塗料です。エポキシ樹脂は、堅牢で耐薬品性に優れた材料を生成する能力があるため、さまざまな理由で利用されています。硬化にかかる時間は、最終用途ごと、必要なコーティングの硬度によって、数分から数時間まで変化します。

牽引要因:水性コーティングの需要増加

水性コーティングの需要の高まりは、発展途上国を中心にエポキシコーティング市場を牽引しています。高い機械的強度と靭性が、水性エポキシコーティングが示す主な特性です。また,エポキシコーティングは,大気汚染の防止を中心とした政府の厳しい規制のもと,低公害であることから採用されています。したがって、建築・建設、輸送、その他の最終用途産業における水性塗料の利用増加は、エポキシコーティング市場の成長を促進します。

抑制要因:エポキシ樹脂コーティングの高コスト

エポキシコーティングは、製造に必要な原材料が他の低価格帯の塗料よりも高価であり、製造工程が複雑でミスの許容範囲も狭いため、製造コストが高額になります。また、その多くは、FDA(米国食品医薬品局)規格に適合し、食品用として安全であることを確認するために、ある程度の規制をクリアしなければならず、これがさらにコストを上げる要因となっています。エポキシ樹脂は、高コストの原材料で作られ、熟練した労働力と正確さが要求されるため、価格が高いのです。

市場機会:所得向上に伴う都市化

地方出身者は、より高い仕事の機会、トレーニング、ライフスタイルを求めて都会に出てきます。都市化の進展は、高級住宅を中心とした住宅への需要を喚起しています。そして、このことは、将来的に装飾用塗料の需要を増加させます。中産階級の所得水準が上昇したことで、収益の増加と保護塗料の用途に対する意識の高まりにより、建築用塗料の需要が増加しています。ホームセンター業界のトレンドと可処分所得の増加は、エポキシ塗料市場の成長に十分な機会を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]