通信用電源システムの市場規模、2028年に67億2000万米ドル到達予測

通信用電源システムの市場規模は、2021年の36億5000万米ドルからCAGR 9.1%で成長し、2028年には67億2000万米ドルに達すると予測されています。通信用電源システムは、通信ネットワーク上の電力の流れを制御および監視し、送電網の電力変動や停電などの状況下においても通信サービスの提供を可能にします。

牽引要因:電気通信サービスの採用が増加

音声、インターネット、ネットワーク、データサービスなど、電気通信サービスの導入が加速しており、あらゆる産業で利用されるようになっています。通信サービスや、オフィスでのファイル転送に関わるインターネットサービスなど、よりスムーズな業務遂行に伴い、サービスへの信頼が増しています。さらに、テレコムサービスの採用の増加は、テレコムインフラストラクチャの成長を促進し、テレコム電力システムコンポーネント数の要件の増加につながります。

抑制要因:高い運用コスト

通信用電源システムは、運用のダウンタイムを回避し、高い電力品質を維持するために利用されています。多くの機能を備えるシステム機器のコストは高く、さらにハイエンドの電力品質装置は、高い電力効率や外乱検知、フリッカー検知など、さまざまな機能を備えているため、高価で、導入コストも高くなります。また、通信鉄塔の建設やメンテナンス、電力系統の部品や機器のメンテナンスは、多くの人を配置し、都市近郊を中心に現場を回る必要があるため、運用コストも高くなります。ハイエンドの通信用電源装置のコスト高が、今後の市場成長を制限することが予想されます。

市場規模:高度な通信インフラとM2M接続へのニーズ

高度な通信インフラの速度と信頼性は、マシンツーマシン(M2M)やIoTに大きな影響を与えるものと思われます。M2M技術の採用の理由は、スムーズな通信のための接続性の向上と、低消費電力化です。現在のネットワーク容量では、M2Mと人間ベースの通信など、多様な通信パターンを処理することができません。そのため、ハイパーコネクティビティ、広帯域、低電力を特徴とする、モバイル通信用の次世代セルラーネットワークが必要とされています。IoT(モノのインターネット)とM2M技術の成長は、高度な通信インフラと接続性を向上させ、市場成長のための十分な機会を提供することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]