ワイヤレスオーディオデバイスの市場規模、2028年に2379億8000万米ドル到達予測

ワイヤレスオーディオデバイスの市場規模は、2021年の696億米ドルからCAGR19.2%で成長し、2028年には2379億8000万米ドルに達すると予測されています。ワイヤレスオーディオデバイスは、Wi-Fi、Bluetooth、エアプレイなどの異なる技術の支援を受けて、多様な音声信号を受信・放送する電子機器で、無線周波数の送信機を使用して、無線受信機に音声信号を送信します。ワイヤーを使わずに音源と1対1でリンクし、ポートに接続することなく、他の機器と簡単にリソースを共有することがで、室内のスペースと時間を節約することができます。これらのデバイスは、産業、輸送、住宅商業など、多くの分野で使用されており、接続性、柔軟性、拡張性、利便性を提供します。スピーカー、ヘッドフォン、オーディオシステム、ラジオチューナーは、市場に存在するワイヤレスオーディオデバイスの一部です。

牽引要因:モビリティサービスに対するニーズ

近年、シームレスな接続性、情報やリソースへのアクセスのしやすさから、消費者の間でモビリティサービスへの需要が高まっています。クラウドサービス、BYODトレンド、モバイルデバイス、ワイヤレスサービスなどのモビリティソリューションは、個人の間で人気を博しています。ワイヤレスオーディオ機器は、携帯性、管理性、遠隔操作性など、オーディオコミュニケーションにおける高度な機能により採用が進んでいます。ワイヤレスオーディオ機器は、簡単で迅速なオーディオ伝送、ワイヤレス操作、およびインストールの容易さを提供することによって、顧客の経験を向上させます。したがって、顧客のモバイルサービスに対する需要の高まりが、ワイヤレスオーディオ機器市場を牽引することが予想されます。

抑制要因:高速インターネット接続の必要性

スマートホームオートメーション機器に関連するスマートスピーカーは、効果的に機能するために一貫した高速インターネット接続を必要とします。日本、韓国、英国などでは高速インターネットインフラが整備されていますが、南アフリカなど、そのようなネットワークインフラがない国では、市場の拡大に影響が及んでいます。ワイヤレスオーディオデバイスのエンドユーザーは、ヘッドフォンやスピーカーなどのスマートオーディオデバイスをホームオートメーションシステムの一部である他のデバイスに接続するために、BluetoothまたはWi-Fiプラグインを利用しています。スマートスピーカー、ヘッドフォン、ホームオートメーションデバイス間の信頼性の高い接続を実現するには、インターネット接続が必要です。ネットワークのカバレッジが悪いと、接続が悪くなり、音声コマンドを使うことが出来ず、Wi-Fiから自動的に切断され、ユーザーはデバイスに接続することができません。基本的なネットワークインフラの欠如は、スマートワイヤレスオーディオデバイスの導入に影響を及ぼします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]