腎機能検査の市場規模、2028年に13億1,264万米ドル到達予測

腎機能検査の市場規模は、2021年の7億6,097万米ドルからCAGR8.1%で成長し、2028年には13億1,264万米ドルに達すると予測されています。腎機能検査は、通常、血液または尿のいずれかを使用して、腎臓の問題を

特定する手順です。これらの検査は、腎臓が老廃物をろ過する速度が遅いかどうか、腎臓から尿中にタンパク質が漏れ出していないかどうかを確認するために行われます。定期的な腎機能検査は、問題を早期に発見し、病気の進行を止めるのに役立ちます。

牽引要因:腎疾患の早期診断のための検査法拡大

腎臓障害や腎臓機能に影響を与える疾患の検査の拡大により同市場が拡大しています。例えば、実験室での血液検査を用いた現在の診療と比較すると、慢性腎臓病の特定とモニタリングのためのポイントオブケア(POC)クレアチニン検査は、CKDのモニタリングと早期特定に高い精度と価値を提供します。このようなPOC検査による迅速なクレアチニン値の結果は、即座に患者に情報提供することが出来ます。この種の検査は、腎機能障害への投与量調整のための最新情報をリアルタイムで提供します。また、迅速かつ正確な在宅検査が可能なため、継続的なモニタリング、早期診断、腎機能管理も可能です。

抑制要因:厳しい政府規制

腎臓検査における政府の厳しいガイドラインは、市場の収益成長を抑制する可能性があります。腎臓は人体の非常に重要な器官であり、個人の慢性腎臓病(CKD)を調べるには腎臓の機能検査が必要です。この検査には、政府の厳しい規制に従い、承認のための厳しい規制を受ける必要があります。例えば、患者がCKDで腎臓移植を受ける必要がある場合、患者だけでなく病院も政府の法律に基づいた条件に従う必要があります。

市場機会:新たな市場

主要な地域での腎臓病診断がより手の届くものになるよう、官民組織による取り組みが行われています。糖尿病患者は新しいガイドラインに従って定期的に腎臓障害の検査を受けています。これらの活動は、市場拡大のための好環境を生み出すことが期待できます。世界的な慢性腎臓病の罹患率と有病率の増加は、同市場の成長機会を創出しています。

脅威:腎機能検査に基づく予測モデルの精度の低さと検査の乱用

Cockcroft-Gault [C-G] 式と Modification of Diet in Renal Disease [MDRD] 式は、腎機能検査から得られた血清クレアチニン値に基づく、成人の主要な予測式です。腎機能検査に基づくこれらの予測式は、腎機能が正常値に近い患者には正確でないことが分かっており、腎機能の誤診や間違った評価につながる可能性があります。さらに、検査の過剰使用は、医療システムのコスト負担を増加させます。これらの要因が、市場の収益成長を脅かすことが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]