農場管理ソフトウェアおよびデータ分析の市場規模、2028年に47億2,000万米ドル到達予測

農場管理ソフトウェアおよびデータ分析の市場規模は、2021年の12億7,000万米ドルからCAGR20.6%で成長し、2028年には47億2,000万米ドルに達すると予測されています。農場管理ソフトウェアとデータ分析ソリューションは、農家に向けた農場運営の快適さを追求するためのオブジェクトで、フィールドの透明性を高め、作物の失敗を減少させることを可能にします。農場管理ソフトウェアを通じて、農家はすべてのフィールド活動に関する完全な情報を持ち、携帯電話やタブレットからアクセスすることができます。農場管理ソフトウェアやデータ分析ソリューションの主な利点としては、収穫量のモニタリングやフィールドマッピング、作物探索、天候の追跡や予測、灌漑管理、農場経済などが挙げられます。

牽引要因:人工知能と機械学習の需要

農場管理のフレームワークでは、全地球測位システム(GPS)、衛星画像、フィールド内センサーなど、さまざまな農場管理機器を通じて生成されたデータを分析し、環境を理解することに焦点が置かれています。農業におけるデータ管理は、農作業から得られるリアルタイムのデータ分析に基づいて経営判断を行うため、重要な役割を担っています。人工知能や機械学習は、精密農業、家畜のモニタリング、魚の養殖、温室のスマート化など、農業アプリケーションで主流の技術になりつつあります。これらは、ハードウェア機器と個人の間でやり取りされるデータを管理し、農場の管理プロセスを効率化するものです。人工知能や機械学習の普及により、データにリアルタイムでアクセスできるようになり、計画、購買、給餌、収穫、マーケティング、在庫管理などのデータ管理活動が簡素化されました。農場から取得したリアルタイムのデータは、分析や意思決定に役立てられます。

抑制要因:技術的な知識や高度なインフラの欠如

農家は、このソフトウェアの使用方法、農業データの処理、および意思決定におけるその使用を受け入れるのに苦労しており、これが農場管理ソフトウェア市場の成長の抑制要因となっています。このソリューションは、利益を増やし、損失を減らすために、様々な農業活動のリアルタイムデータ分析に使用されます。農業経営において、農場管理ソフトウェアソリューションの使用には、技術的な知識が必要です。農家や生産者は、このソフトウェアを効果的に使用するために、プロセスの実質的な理解を持つ必要があります。経済的にこれらのシステムを導入することが可能であるにもかかわらず、農家は技術的なノウハウがないため、これらのシステムを使用することができません。現在、大多数の農家は農園管理ソフトウェアの導入に消極的です。この影響を軽減するために、様々な政府や市場関係者が、農家がシステムを簡単に使用できるようにトレーニングやコンサルティングを提供しています。主要な市場参加者が農家へのトレーニング、コンサルティング、ガイダンスセッションを提供し、農地管理ソフトウェアを使用する自信を高めるために注力しており、この抑制要因は将来的に減少すると予想されます。また、ソフトウェア設計者は、農場管理ソフトウェアシステムの複雑さを軽減し、農家へのコンサルティングコストを最小限に抑えるために、ユーザーフレンドリーなソリューションを開発しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]