石油化学製品の市場規模、2028年に8,155億2,000万米ドル到達予測

石油化学製品の市場規模は、2021年の4,697億3,000万米ドルからCAGR8.2%で成長し、2028年には8,155億2,000万米ドルに達すると予測されています。石油化学製品は、主に天然ガス、石炭、石油から作られる化学物質で、多くの産業プロセスで不可欠な成分であり、産業経済の基幹を形成しています。プロピレン、エチレン、ベンゼン、キシレンなどの製品は、包装材、プラスチック、ゴム、電子機器などに使用されています。

牽引要因:発展途上国でのプラスチック消費量の増加

石油化学製品は、主にプラスチックの製造に使用されており、特に主要な最終用途産業では、食品やその他の商業製品での使用が増加しています。特に発展途上国では、今後もこの傾向が続くと思われます。プラスチックは食品の保存期間を延ばし、食品廃棄物を減らし、軽量であるため輸送時の燃料消費量を減らすことができます。経済的なメリットもあり、資源の最適化にも役立つので、新興国の経済成長には重要です。発展途上国では、主要な人口層の購買力が高まっており、需要が増加すると思われます。これにより、プラスチックの消費量が増加し、市場成長の原動力となる可能性が高まっています。

抑制要因:石油化学製品による有害な影響

日常生活における有害製品に対する懸念は、市場成長の妨げになる可能性があります。情報が入手しやすくなったため、環境意識の高い消費者が、環境に配慮した製品を提供する産業を後押ししています。ベンゼンのような石油化学物質は環境に有害であるだけでなく、人間には発がん性があることが分かっています。この原料にさらされると、ナルコーシス、眼刺激、皮膚刺激などを引き起こし、さらに長期的にさらされることで、深刻な健康障害を引き起こす可能性があります。また、マイクロプラスチックは、環境にさまざまな影響を及ぼします。このため、有害な製品を制限する健康・環境規制が強化される可能性が高いと思われます。

市場機会:自動車産業からの需要の増加

石油化学製品は、その機械的特性から自動車分野での利用が増加しています。自動車メーカーは、自動車製造に先進的な部品を採用しており、車両の軽量化と燃費の向上を図るため、革新的な材料を使用しています。自動車分野では、鉄や鋼がポリマーや複合材料に取って代わられ、市場の成長をさらに後押ししています。自動車産業では、エチレンとポリプロピレンが多くの部品の製造に使用されています。ポリプロピレンは、電気自動車のバッテリー重量を軽減するために使用され、また、インテリアデザインの用途で絶縁材料として使用されています。多くの国で自動車産業と建設産業が成長していることが、市場にプラスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]