病院キャパシティ管理ソリューションの市場規模、2028年に96億5,000万米ドル到達予測

病院キャパシティ管理ソリューションの市場規模は、2021年の31億4,000万米ドルからCAGR 17.4%で成長し、2028年には96億5,000万米ドルに達すると予測されています。病院は、重度の病気を治療するための場所であり、代替医療施設と比較しても最良の環境です。病院では、患者の入院期間を短縮できるよう、効果的な治療を提供するために、医療技術革新を広範囲に活用しています。患者は何日も、時には何ヶ月も、重症患者用治療室や回復室でベッドが空くのを待っており、手術や処置はしばしば予定を変更され、キャンセルされます。入院患者は不適切なベッドに寝かされ、何度も転院を余儀なくされ、看護師や病院スタッフの数は必要数に足りていないため、それぞれが多くの仕事を負わされています。

牽引要因:技術的進歩の高まり

病院のキャパシティマネジメントにおける技術的進歩は、市場の成長にプラスの影響を与えます。情報技術の進歩は、モノのインターネット(IoT)のような拡大し続ける選択肢を業界に提供し、病院キャパシティ管理ベンダーに成長機会をもたらしています。ヘルスケアベースのIoTプラットフォームは、クラウドベースのネットワーク上でスマートセンサーと統合されており、病院やその他の医療機関は、質の高い患者ケアを保証するために特定の条件に維持する必要がある冷蔵倉庫などを監視することができます。

抑制要因:厳しい規制

医療機関は、多くの複雑な規則や規制を遵守し、医療の質や診療報酬のシナリオを向上させるために厳しいガイドラインに従わなければなりません。こうした規制は医療従事者のケアと効率を向上させるために実施されるものですが、多くの医療従事者はこうした規制が障害になり、非現実的であると考えています。これらの規制は、今後の病院キャパシティ管理ソリューション市場の成長を妨げることが予想されます。

市場機会:ユーザーフレンドリーなダッシュボードの出現

入院の増加につながるCOVID-19パンデミックの出現、病院内のリアルタイムデータ管理、管理のためのユーザーフレンドリーなダッシュボードの必要性は、病院キャパシティ管理ソリューション市場の主な推進要因です。このソリューションのプロバイダーは、時間管理の改善とエラー削減のために、ユーザーフレンドリーなダッシュボードを開発しました。このダッシュボードは、HCMSのすべてのモジュールを簡単に使用できるようにし、ソリューションの採用を促進しています。また、空きベッド数を自動的に更新し、効率的に割り当てることで、スタッフの負担を軽減することが出来ます。このようなユーザーフレンドリーな機能は、今後も市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]