抗菌包装の市場規模、2028年に161億1,000万米ドル到達予測

抗菌包装の市場規模は、2021年の105億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2028年には161億1,000万米ドルに達すると予測されています。抗菌包装は、活性包装のアプリケーションに関連しており、特別に設計され、流出や汚染が起こる場所で適用することによって、食品中の細菌や病原体の状況をチェックし、食品表面への抗菌メディエータの排出を可能にします。

牽引要因:包装食品に対する需要の高まり

抗菌包装市場の主な牽引要因には、包装食品に対する需要の増加が挙げられます。抗菌包装は、生鮮食品、防腐剤フリー、最小限の加工を施した製品に対する消費者の需要や、製品の保存期間を延ばす必要性から、食品産業で広く利用されており、今後の抗菌包装ソリューションの需要を促進すると思われます。働く女性の増加、都市部から地方への移住、発展途上国における可処分所得の増加などが、パッケージ食品の需要を高める要因となっています。時には、品質や衛生面から、生鮮食品よりもパッケージ食品が好まれることもあり、消費者の健康に対する意識が高まり、製品の保存期間が長くなったことなどで、抗菌パッケージング製品の使用量が増加しています。

抑制要因:原材料の価格変動

同市場の成長に影響を与える主な課題は、原材料の高コストと変動性です。温度は、製品上の微生物の成長を定義します。主に食品および医療製品は、汚染を防ぐために特定の温度である必要があります。適切な温度保管の欠如や、製品を適切な衛生状態に保つことへの懸念が、抗菌包装市場の成長を制限する可能性があります。

市場機会:健康問題に対する意識の高まり

消費者は、包装された食品、化粧品、医薬品などの製品の使用に関して、意識を高めています。この種の包装は、包装材と内容物が直接接触することで、商品表面での微生物の繁殖を防ぐことができます。食品包装用フィルムには、バクテリオシンなどの抗菌剤が使用され、食品の腐敗を抑制しています。また、消費者のライフスタイルの変化や、衛生面、薬品の包装に効果的な医薬品への高い需要により、医薬品の需要も増加しており、抗菌医薬品包装の需要につながっています。

脅威:潜在的なリスクの存在

抗菌剤の多くは、天然由来ではない合成病原体から製造されており、食品や医薬品などの消耗品に使用されるため、抗菌包装市場全体の成長を脅かす要因となっています。抗菌剤の性能の低さは、抗菌包装市場の成長に対する主要な課題として考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]