農業におけるブロックチェーンの市場規模、2028年に27億6,092万米ドル到達予測

農業におけるブロックチェーンの市場規模は、2021年の1億9,431万米ドルからCAGR46.1%で成長し、2028年には27億6,092万米ドルに達すると予測されています。ブロックチェーン技術は、サプライチェーンに透明性をもたらし、農業プロセスを改善することで、食品の安全性を高めることができます。その結果、時間とお金、そして農業活動に携わる人の命を守ることができるようになります。また、ブロックチェーン技術は取引コストの削減にも役立ち、新興国の農家に新たな市場を開くことで、農業部門と農家の双方に利益をもたらすことができます。農業市場におけるブロックチェーンは、ビッグデータアプリケーション、AIアプリケーション、精密農業活動の効果的な実施とともに、物流、品質保証、環境農場計画、栄養管理計画の改善により、将来のグローバルビジネスを支配すると言われています。

牽引要因:食品の品質に対する意識の高まり

ブロックチェーン技術は、組織の意思決定能力を向上させることで、食品・農産業に革命を起こしています。現在、消費者は食品製品のプロセスに関して完全な透明性を要求しています。この食の安全の問題という観点から、多くの企業がブロックチェーン技術を使用して、サプライチェーン全体で食品の状態を判断し、管理するための試験的な研究を打ち出しています。この分野で多くのアプリケーションが特定され、そのいくつかはすでに検討され始めています。ブロックチェーン技術の食品・農業分野での用途は、トレーサビリティとモニタリング、支払いと決済、スマートコントラクトと管理、リスク、エンフォースメントなどがあります。

抑制要因:スケーラビリティの制限

ブロックチェーンの技術に対する、スケールアップには依然疑問が残ります。ブロックチェーンは、限られた数のユーザーに対応する概念実証によって存在しています。より多くのユーザーに対して、その取引のスピード、ストレージ容量、増え続けるチェーンのボリュームを証明する必要があり、特に既存の情報システムへの統合に関して、相互運用性の問題があります。また、ブロックチェーンに対する理解を深めることも必要で、その透明性を持った利用には、企業の理解と限界を知る必要があります。

市場機会:農産物ブロックチェーンへの資金調達と投資の増加

ブロックチェーン技術の急激な成長により、過去数年間、さまざまな産業分野で巨額の資金が集まりました。TechCrunchによると、ブロックチェーン技術においてベンチャーファンドを通じて調達された資金の総額は10億米ドルに上ります。これは、ベンチャーキャピタリストがブロックチェーン技術に有望な未来を見出していることの証明です。同様に、食品・農業業界にブロックチェーンソリューションやプラットフォームを提供する組織に対しても、大規模な投資が行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]