産業用エアコンプレッサーの市場規模、2028年に566億9,000万米ドル到達予測

産業用エアコンプレッサーの市場規模は、2021年の339億5,000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2028年には566億9,000万米ドルに達すると予測されています。産業用エアコンプレッサーは、電気モーターまたはディーゼル、ガソリンのいずれかを使用して、動力を加圧された空気に蓄えられた位置エネルギーに変換するもので、農作物の散布、農業施設のサイロの換気、製造業における空気圧機械の稼働、クリーニング店での洗濯機の稼働など、さまざまな用途に使用されています。

牽引要因:技術の近代化とポータブルエアコンプレッサーの高い需要

技術の発展に伴い、代替エネルギーとして圧縮空気の可能性を活用する産業が増え、ユーザーは機器を新型のものに交換するようになりました。新しく改良された技術のエアコンプレッサーに機器を交換することで、効率が上がり、使い勝手が良くなり、全体的な運用コストの節約につながります。これらの特性により、エアコンプレッサーのユーザーは定期的な買い替えを迫られ、市場の成長を促しています。その人気の高まりは、同市場の新型モデルに備えられる技術革新によるものです。インドのメーカーが新しいタイプのレシプロおよびロータリースクリューエアコンプレッサーを発表しているため、機械はより堅牢になり、操作が容易になり、幅広い産業の中で最も要求の厳しい用途に対応できるようになりました。

抑制要因:高コストとメンテナンス

エアコンプレッサーは、オーバーヒートに非常に脆弱です。圧縮された空気は多くの熱を発生させ、システムに損傷を与える可能性があり、警告温度に達する前にその熱い空気すべてを取り除かなければなりません。その費用は、用途によって100米ドルから600米ドル程度になります。また、設置費用や運用費用など、隠れたコストが市場の成長を抑制しています。高温は、ある程度の時間をかけてエアコンプレッサーにダメージを与える可能性があるため、温度問題を早期に発見する必要があり、高コストとメンテナンスの問題が市場の成長を妨げています。

市場機会:エネルギー効率の高いエアコンプレッサーの需要拡大

エネルギーコストと温室効果ガス排出量の増加への関心が高まる中、エネルギー効率の高い圧縮空気ソリューションの使用に関心が移っています。圧縮空気システムは、エネルギー政策に対応した重要な産業機器の1つです。また、簡単かつ安全に圧縮空気を生成できることから、様々な産業用途でエアコンプレッサーの利用が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]