液晶ポリマーの市場規模、2028年に24億1,000万米ドル到達予測

液晶ポリマーの市場規模は、2021年の12億2,000万尾ドルからCAGR10.2%で成長し、2028年には24億1,000万米ドルに達すると予測されています。液晶ポリマーは、4-ヒドロキシ安息香酸および関連モノマーをベースとしたユニークな芳香族ポリマーの一種で、高温下における耐火性や耐薬品性など、優れた特性を持っています。

牽引要因:新世代技術の導入

5Gや3Dプリンティングなどの技術は、液晶ポリマーの需要を増やす主要な要因です。液晶ポリマーの需要は、電気・電子、自動車から消費財、スポーツ、レジャー、医療機器に至るまで、多様な用途において速いペースで成長しています。また、液晶ポリマーフィルムは、その優れた耐熱性と低吸水性により、フレキシブル太陽電池への応用が拡大しているおり、市場の利益を下支えしています。また、新興の5G通信では、携帯電話用アンテナの新規材料として注目されています。

抑制要因:液晶ポリマーの高コスト

液晶ポリマーは、従来のポリマーと比較してコストが高く、市場の成長にマイナスの影響を与える可能性があります。その製造工程は複雑かつエネルギー集約的であり、製品の価格が高くなる傾向があります。液晶ポリマーを製造するには、高温機能や高度な技術力が必要とされ、製造工程および最終製品も高額になります。その価格の高さから、ハイエンドのアプリケーション分野に使用が限定され、市場の成長も制限されることになります。

市場機会:熱可塑性ポリマーの新興市場

熱可塑性樹脂は、熱を加えると液体になり冷やすと固体に戻るという性質から、溶解と凝固を繰り返し行うことができます。加熱で形状を変える液晶ポリマーは、さまざまな最終用途産業で高温用途に利用される熱可塑性プラスチックです。熱可塑性ポリマーは、その特性から、従来の材料に代わるものとして重要性を増しており、多くの新しい用途を生むことから、液晶ポリマーの成長を高めると考えられます。

脅威:先進国での限られた市場機会

米国、ドイツ、英国、日本は高度に発達した経済と先進的な産業活動を行っており、公共、商業、輸送の各分野でインフラが確立されています。これらの国では、新規参入の可能性は低く、液晶ポリマー市場が成長する余地は限られています。ハイブリッド接着剤およびシーラントのメーカーは、新しい市場を獲得するために革新的な製品を開発する必要があります。したがって、先進国での限られた市場機会は、液晶ポリマー市場の成長にとっての課題になると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]